パステル

パステル

今でしょ:大病のサイン 初期症状を見逃さない!認知症やがんなど

健康・美容  : PASTEL

 

Sponsored Search

2015年8月18日・林修の今でしょ講座・あの時サインは出ていた!大病のサイン・http://www.tv-asahi.co.jp/imadesho/・

病気を見逃さない!こんなサイン(初期症状)があったら大病かも?

体の異常を察知できれば、素早く対処できます。
手遅れにならないように知識をもっておくと助かる事ができるそんな症状を紹介してくれました。
 
先生が何度もおっしゃっていたのは、「いつもと違うな」と感じたら年齢のせいにしないで検査を受ける事。
自分の都合に合わせて、勝手に自分で判断をしないという事でした。
また、かかりつけ医をきめておくことやどこを受診したら良いかわからない時は、総合科などでも良いそうです。
 
今回解説していたお二人の先生がとてもわかり易く、今までメディアで聞いた情報とは違った事を沢山教えていただき、とても参考になりました。
 
千葉大学の生坂先生が教えてくれました。

くも膜下出血のサイン

脳の血管の中にできる脳動脈瘤が破裂し、急激な頭痛や昏睡状態になることもある怖い病気です。
脳から目に行く神経が圧迫され、早ければ、数時間で破裂する可能性があります。

初期サイン:物が二重に見える症状

くも膜下出血 初期症状やサイン「物が二重に見える」

普通は、左右の目が同じ角度で動きます。
脳動脈瘤があると、左右一緒に動かなくなります。
すると、2つに見えたりする事があるのです。
 
●老眼との区別
・片目をつむる ⇛ 両方または片方が見えづらい ⇛ 老眼
・片目づつ見たらはっきりと見える ⇛ くも膜下出血のサイン

初期サイン:黒目の左右の大きさが違う

神経が圧迫。発症の数時間前の症状です。極めて危険な状態です。
すぐに受診しましょう。

今でしょ6月に注意!低気圧で引き起こす病気5「脳血管・関節痛・片頭痛」等 

脳腫瘍のサイン

頭蓋骨に囲まれた脳を圧迫します。
呼吸停止、心停止ということもあります。

初期サイン:朝、頭痛で目が覚める

危険な頭痛・脳腫瘍のサイン(前兆)

一日中ではなく、朝だけの場合は、要注意です。

寝ることで、呼吸が減ります。
二酸化炭素には、血管を広げる作用があります。

脳の回りには、神経がたくさんあり、圧迫ししまうのです。
血液中の二酸化炭素が増え、酸素が減っている状態になり事で頭痛が起きます。

早朝頭痛だけでは中々病院には行きにくいですよね。
いつもと違うと思ったらすぐに病院へ行く事が早期発見につながります。

また、睡眠時無呼吸症候群の可能性もあります。
 

良くものを落とすようになった

脳の中にある運動を司る神経を圧迫。
司令塔が麻痺して力が入らないのです。
徐々に症状が起きると、慣れてしまい緊急性に気が付かないことがありますので注意が必要です。

私の母が脳血栓で倒れた時の体験。
数日前から、何度もお皿を割っていました

駆け込み:怖い病気かも!目のピクピク・吹き出物・虫歯・顔の歪み 

心筋梗塞のサイン

冠動脈が詰まり、心臓に血液が送る事ができなくなり、発症します。
突然なるイメージがありますが、実際にはサインがあるのです。
 

初期サイン:喉が詰まった感じ

心筋梗塞の初期症状「喉が詰まった感じ」

何も詰まっていないのに、喉に違和感を感じる事があります。
 
内蔵に行く鈍感な神経と皮膚にいく敏感な神経があります。
心臓の近くの神経は、鈍感で痛みを伝えてくれません。
脳には細かな情報しか送ることが出来ないのです。
 
実際の場所とは違う場所に現れる痛みの事を「関連痛」と言います。
喉だけではなく、上半身のどこにでも痛みを感じる可能性があるのです。
 
痛みがいつもと違う時は、すぐに受診してみましょう

心不全のサイン

心臓の疾患で高齢者が増加している病気。
心臓のポンプ機能が低下し、様々な臓器の働きが悪くなります。
 

初期サイン:夜中に2回以上のトイレ

危険な心不全サイン・初期症状「夜中の頻尿」

健康なら、年齢に限らず、夜間尿は無いはず。
何か原因があるのです。
 
血液を心臓へ送ることができず、腎臓で作られる尿も減ります。
足の方に血液型たまり、足がむくみます。

夜横になって寝ると、心臓に血液が戻り、腎臓にも血液が増え、夜間尿の原因となります。
 
つまり、昼間の尿が減って夜頻尿の方は、危険なのです。

■歩くだけで息切れする
危険な心不全のサイン(初期症状)歩くだけでも息切れ

いつもは平気だった階段が登れないなどは、サインです。
平地を歩行しているだけで息切れする場合は、重症かも知れません。

たけし家庭の医学 心筋梗塞を起こす人の共通点・悪玉/善玉比の計算方法 

認知症のサイン

4570ab250f928766835e4108756b5787_s

物忘れだけではありません。早期発見で遅らせることができます。
硬膜下血腫など頭蓋骨内にある出血の固まりなどで脳を圧迫している場合は、治る可能性があります。
また、進行させる薬もあります。疑いがあれば、防止する事が大事です。
新見先生が実例を教えてくれました。
 
発症3年前:本人が自分で気がついている

■カギをかけ忘れるかもという戸惑いや不安。
・カギが掛かったか壊れるぐらい何度も確認。
・プライドを保つために必要以上に何度も行う。自分は大丈夫!って思われたい。
 
発症2年前:本を読んでいるふりをしていた
発症1年前:質問に答えられないと横の人に聞くようになる

自分で答えが見つけられない、分からないので、
「なんだっけ~?」と頻繁に横を向くようになります
 
前と比べて変わった事があれば注意が必要です。
また、できることしかしないなど、行動範囲も狭くなります。
 
認知症を認めたくない人もいます。

 まずは、プライドを尊重する事が大事です。
「定期健診」といって病院へ連れて行きましょう。
 

50歳から物忘れが起きるのが普通です。
初期段階で認知症を食い止めましょう。

サタプラ 2016最新死期が分かる? みのもんた認知症に黄色信号!? 

ガンのサイン

■「がん」と「癌」 違いって?
がん=骨肉腫、白血病、脳腫瘍、など(癌もふくまれます)
癌=上皮性・皮膚に関連している癌のこと

■浸潤 と 転移
浸潤=癌が数位の組織を破壊。その中に入り広がっていく
転移=収まりきらずに、どこかで暴れる
 
初期の段階で自覚症状がないので人間ドックでわかることが多いです。
 

ホンマでっか 簡単!手を叩くだけでわかる 肺がん自己チェック方法! 

食道がんのサイン(初期症状)

高い声が出なくなった、しゃがれ声など「声に変化」。
食道のそばにある声帯の神経が麻痺したりすることで声が出にくくなります。
他に、飲み込みにくいなどの症状があります。
 

大腸がんのサイン(初期症状)

オナラや便通に変化が起きる。
腫瘍のせいで、便通が悪くなったら注意が必要です。
 

林修の今でしょ 名医が選ぶ「発酵食品ランキング6」効果や食べ方紹介 

乳がんのサイン(初期症状)

触診が一番です。
がんがあると、くぼみ(えくぼ)などが出る場合もあります。
 
がんも進歩していますので、不治の病ではなくなってきています。

あれ??いつもと違うと感じたら、すぐに病院へ行くこと!
それが早期に発見することにつながります。

名医が教える危険な体臭・口臭!においで解るガン!チェック法とは? 

  


スポンサードサーチ

朝塗れば、1日中顔汗知らず♪

顔汗訴求 

Relevant Article

冷えに最強「サムゲタン」レシピ
ノンストップ 風邪予防・乾燥肌対策!自宅で簡単 薬膳鍋「白い鍋・サムゲタン」作り方

ノンストップ 2016年11月2日 薬膳レシピ「白い鍋」おすすめの薬膳のお店 関 …

no image
ジョブチューン 片頭痛の人はおやつが効果的!おすすめの食べ物と対策

ジョブチューン★医者ぶっちゃけSP 2016年3月26日片頭痛にはおやつを食べる …

no image
姿月ありさ・島谷ひとみ 喉ケア法を紹介!のど飴マヌカハニープロポリス

目 次 喉・口の中のトラブル、不調などが紹介されました元宝塚 姿月ありささん「急 …

腸活 腸内環境を整える発酵食品ヨーグルト
ガッテン 最新大腸がん内視鏡カメラ検査でわかるガン体質・アスピリンで抑制?

ガッテン2016年10月26日 大腸がんにならない!?最新大腸内視鏡検査 ガッテ …

no image
10日で-4.5cm!モー娘保田圭・中村式美脚ストレッチでO脚解消

目 次 中村格子式 保田圭が10日で-4.5cm!O脚診断方法と美脚の法則中村式 …

うつ病性仮性認知症の症状や改善予防・血流アップ法
サタプラ 最新認知症検査 デヴィ夫人「高血圧・前頭葉の萎縮・嗅覚の衰え」

サタデープラス 2016年2月6日認知症 デヴィ夫人 関連記事 サタプラ 小堺一 …

うつ病性仮性認知症の症状や改善予防・血流アップ法
バイキング えごま油の正しい食べ方とは?間違うと毒になる!?

慶応大学 井上先生伝授!正しいえごま油の食べ方 バイキング2015年11月17日 …

no image
主治医 体に良い油「Gheeギー」発酵バターを使った家庭での作り方

主治医が見つかる診療所 2017年4月17日 体に良い油「ギー」 インドスパイス …

no image
サタデー:脳硬塞のチェック法と予防にゾンビ体操!最新の脳ドック

目 次 夏が怖い!脳硬塞の予防とチェック方法脳梗塞の前兆有名人から見える脳硬塞の …

no image
普段やりがちなNG生活習慣4「首を揉む・きついベルト・寝る前歯磨き」

バイキング 2016年1月25日 大竹真一郎先生と森田豊先生が紹介。 普段何気な …