パステル

パステル

ガッテン:インスタントで絶品 カフェ風「泡コーヒー」レシピ紹介

健康・美容, 血管・脳  : PASTEL

 

Sponsored Search

・・・・

コーヒー(珈琲)の健康効果

ためしてガッテン 2015年11月4日コーヒー祭り

世界中で大注目の健康効果

ガン、糖尿病、肥満、動脈硬化予防に効果があると期待されているそうです。

■9万人を20年間追跡調査した結果
心臓病などの死亡率が減ることがわかったそうです。

最新研究でわかった「フェルラ酸」と「血管の関係」

国立がんセンター 日本大学近藤春美さん

■検証
8人を対象に珈琲を飲んだ後30分後に血管を調べると、血管内のコレステロールの処理能力が高まり、コレステロールが減っていたということがわかったそうです。

■フェルラ酸
聞き慣れない言葉ですが、コーヒーに含まれる物質。

血液中にコレステロールがたまると、血管の壁に入り込んでしまいます。
すると体内のマクロファージがコレステロールを食べてくれますが、コレステロールを食べ過ぎると死んでしまい、死骸が溜まったものが動脈硬化となり、脳卒中や心臓病の原因となってしまうのです。

珈琲を飲むことで「フェルラ酸」という物質がマクロファージが結びつき、マクロファージは元気になり動脈硬化を予防できるという仕組みなのだそうです。

国立がんセンター発表「コーヒー摂取量と心臓病の死亡リスク」

■毎日コーヒーをほとんど飲まない人を1とした時
・1杯未満:0.9
・1~2杯以上:0.77
・3~4杯以上:0.64
・5杯以上:1.03

5杯以上はデーターが少ないそうですが、飲み過ぎは逆効果のようです。
お茶を飲んでいる人は、カテキン効果が期待できるため、無理にコーヒーを飲む必要はないとのこと。

世界中で注目されているコーヒーの効果

長寿島地中海のギリシャのイカリア島
長生きの秘密はコーヒー。
長寿の島として有名で珈琲が大好きなお年寄りでいっぱいです。

島の人口は、8000人。そのうち100人が90歳以上。この数字はヨーロッパの平均の10倍にもなるのだそうです。

島の研究「142人に珈琲を飲む量」を調査
アテネ大学の調査によると、珈琲をよく飲むお年寄りの血管が若く保たれている事がわかったそうです。
その差は、飲まない人に比べると実に50%以上!

コーヒーの楽しみ方 

■泡珈琲の作り方

ギリシャでは、アイスコーヒーというと「フラッペ」とう半分泡になったコーヒーが一般的なのだそうです。

コップに少しの水をいれ、インスタントの珈琲とお砂糖をいれ泡立てて牛乳を注ぎ入れるというもの。

■ガッテン流 作り方
ペットボトルに材料をいれ、フリフリするとクリーミーなカフェのような泡珈琲が♪
よく振って、底にコーヒーの液体が見えなくなったらコップに注ぎます。
ゆっくり牛乳を流し込んで完成です。

【分量】
・インスタントコーヒー 小さじ2
・砂糖大さじ1
・水 30ml
・牛乳150ml程度

※インスタントコーヒーでなくては出来ないのだそうです。インスタントコーヒーは食物繊維や糖質が多いため泡立ちやすい。

コーヒーを「かける」?苦味調味料に

東京青山 鈴木眞雄シェフは、インスタントコーヒーを調味料に使っているといいます。

味覚センサーによると、味全体のコクが広がるそうです。
脳の味覚中枢に苦味を感じると甘みを強く感じるように。

ガッテン調査 インスタントコーヒーを振りかけて合う食材

■カップ焼きそば、カップ麺。
実際に鉄板にのっていたような香ばしさ。

■イカ焼き、うなぎの蒲焼

■モンブラン、ヨーグルト

■納豆
想像以上に美味しい!ビター納豆!と大好評

  


スポンサードサーチ

スポンサードサーチ

Relevant Article

4973227214726
ヒルナンデス 専門店の店長おすすめ 歯ブラシ人気ランキング3

ヒルナンデス!2016年1月27日驚きの歯ブラシ 昨年、神経が死んだ前歯を白い歯 …

c06a176addff773fc2ff1077e5e21b5a_s
ビビット かゆい、治らないニキビは「顔ダニ」が原因かも?治療法や予防

白熱ライブ ビビット 2016年4月7日 顔ダニ 目 次 治らない「顔の湿疹・ニ …

32e9287b20337c22246593bec4ff4427_s
駆け込みドクター!身体のゆがみ解消SP「腰痛と骨盤とへび背」3/1

2015年3月1日駆け込みドクター!関節の新常識 今日からできる身体のゆがみ解消 …

no image
ノンストップ 最強快眠術「快適なエアコン温度・手作り小豆枕」など紹介

ノンストップ 2016年8月3日最強快眠術 快眠の法則 三橋美穂さん(快眠セラピ …

no image
この差って何ですか?自宅でさけるチーズ!プリン体に効果の乳酸菌

目 次 この差って何ですか?なんと自宅で簡単に作れる「さけるチーズ」!普通のヨー …

脳梗塞
今でしょ!夏が危険 脳硬塞 名医が実践の予防 チェック法・特効薬

目 次 名医がやっている脳硬塞予防法1.夏は、睡眠中が危ない2.足の血栓に注意! …

no image
サタプラ ココリコ田中のぎっくり腰・予防法と応急処置法・予備軍チェック

サタデープラス2016年2月20日 ココリコ田中 ぎっくり腰 目 次 ぎっくり腰 …

no image
今井雅弘・大腸がんで「余命3日」宣告!大腸がんの予防とチェック

目 次 今井雅宏さんが大腸がんで「余命3日」と宣告されていたミヤネヤでは、大腸が …

no image
家庭の医学 動脈硬化・悪玉コレステロール「大麦の健康効果」慈恵大学レシピ

たけしのみんなの家庭の医学 2016年6月14日『大麦』動脈硬化予防・悪玉コレス …

kayumi
世界一受けたい 7万の医師の回答・よく食べる物?病院の見分け方?

CATEGORY

100均グッズ
アンチエイジング
お取り寄せ
お金・節約・収入
がん
コスメ
シンガポール
スポーツ
ダイエット
つくれぽ
バリ島
ピックアップ
ファッション
メイク
ライフスタイル
人気のフード・レシピ
人気雑貨・グッズ
健康・美容
台湾観光
大腸・小腸・胃
恋愛
掃除・片付け
教育・子育て
日本の島
睡眠
肩こり・腰痛・膝痛
腸内環境
血管・脳
観光・グルメ
韓国ソウル
香港
鼻・耳・喉