パステル

パステル

サタプラ 大腸内視鏡の名医 工藤進英先生の大腸がん予防3つの生活習慣

健康・美容  : PASTEL

 

Sponsored Search

・・・・

サタデープラス 2016年4月9日 春から始める!カラダが若返る名医の習慣ベスト4

神の手を持つ大腸内視鏡検査の名医 工藤進英先生の健康法が紹介されました

世界に弟子が3000人!名医ランキングの表紙にも!
昭和大学横浜市北部病院消化器センター長
工藤進英先生 68才

わずか数ミリのポリープを発見し切除するという工藤先生。
内視鏡検査は、辛くて痛いイメージが有りますが、工藤先生の患者さんは、みなさん「痛みは全く無い」「とっても楽」といいます。

68歳にして年間360日は仕事してほぼ休みなしの生活。日本中、世界中を飛び回る生活をしています。

普通の医師は、1日10人程度。工藤先生は多い日で40人以上診察を行う。
普通の医師の倍以上のスピードなのだとか。

こんな忙しい生活をしながらにして血管年齢は驚くべきなんと53才!実年齢の-15才。

完全密着!大腸がんにならないための3つの生活習慣

先生曰く_
100人いたら50人以上の人にポリープがある。

1.読書=記憶の定着

書店にいくと10冊以上を購入。
読むだけではなく、重要な箇所を自分の見解を加えてノートに記載する。

2.食事習慣

バランスよくいろいろな種類のものを食べる。
好きなものだじけばかりを食べると、体内に発がん性物質がたまりやすいのだそうです。

■夏みかんを1日1個
毎日一つを食べ続けるのが「夏みかん」。
クエン酸、ビタミンC、疲労回復に効果があり、毎日すこしづつ食べる事が重要なのだそうです。

3.空港での「早歩き」

全国を飛び回る先生は、空港を利用して運動しているのだそう。
ちょっと早く歩くのが一番の健康の元。
空港は、運動場だといいます。

食生活やストレス以外に一番重要なのが
「日常生活で運動をいかに取り入れるか」ということが大腸がんの予防になるのだそうです。

日本のがんの部位別死亡数

<男性>
1位 肺 2位 胃 3位 大腸

<女性>
1位 大腸 2位 肺 3位 胃

やはり早期発見が大事!

  


スポンサードサーチ

菌活美容「コンブチャ」

KOMBUCHA(コンブチャ)

Relevant Article

no image
バイキング:最新若返りをデヴィ夫人が体験「極寒カプセル・千屋牛」

バイキング 2015年12月16日 最新アンチエイジング 若返り体験デヴィ夫人 …

no image
初耳学:女性が一番「老け顔」になる時間 水曜日午後3時30分!?

水曜日の午後3時30分が一番老け顔になっている?! 2015年9月13日 林修の …

slideshow_img2
世界一受けたい授業:ドーパミンの出す方法・チェック法!ダイエットにも

世界一受けたい授業【ドーパミン】▼脳の快楽物質・ドーパミンには意外なうれしい効果 …

no image
ビビット 美容室で脳卒中の危険「椎骨動脈循環不全」とは?

ビビット 2016年12月15日 美容室で脳卒中 美容室 脳卒中症候群 正式には …

ジェネシス
最新の遺伝子検査・3万円で病気のリスク・肥満・胸の大きさまで分かる

バイキング2015年12月4日遺伝子検査で分かる病気SP 紹介された遺伝子検査で …

no image
バイキング 片頭痛と緊張型頭痛・原因とツボ ・名医おすすめ「朝スイカ」他

バイキング 2016年6月8日頭痛(片頭痛・緊張型頭痛)原因と対策・頭痛に効果的 …

no image
夏のお肌トラブル!「ニキビ・汗・かゆみ」メイク道具はカビの温床!

夏のお肌トラブル!原因と解決策! 夏のこの時期、特に気になる症状「ベタつき」「顔 …

no image
バイキング:酒井先生が伝授!劇的改善・肩こりとストレートネック

肩こりの原因はストレートネック!劇的に改善!チェック法と改善法 バイキング201 …

kayumi3
世界一受けたい:隠れ「じんましん体質」チェック!危険なホクロ・イボ

世界一受けたい授業【余りがちな食材で(秘)グルメ・ワードハンター・春カユミ改善法 …

no image
世界一:C型肝炎の最新薬「ハーボニー」・エゴマ油で肝臓がん予防

世界一受けたい授業 2016年1月9日最新!肝臓がんが予防出来る!? 日本肝臓学 …