パステル

パステル

熱中症・水分を溜められない体質「ドライボディー」予防対策:ガッテン

健康・美容  : PASTEL

 

Sponsored Search

・・・・

ためしてガッテン2015年7月15日 熱中症&血液ドロドロ 一挙解決SP

毎年、多くの人が熱中症になり、また亡くなられる方もいらっしゃいます。
実は、熱中症になりやすい人は、体に水を溜めることができない熱中症になる体質「ドライボディー」の体質なのだそうです。

熱中症&血液ドロドロドライボディーとは?

対策をとっても、水分をとっても、常に水分が失われている人。
高齢者だけではなく、若い方も含め、推定400~800万人がいるのではないかと考えられています。

■ドライボディーになりやすい人

それは、筋肉量に関係しているのだそうです。
筋肉には、水分を蓄えておく事ができるのだそうです。
また、脂肪には、水分を蓄えておく量がとても少ないのです。
筋肉には、水分をためておく「タンク」の役割があったのです。

■筋肉と水分量

体重60kの人の場合、20Lの水が筋肉に蓄えられているそうですが、加齢などで筋肉が減ると、10L位に減少。筋肉がないので溜めることが出来ないのです。

高齢者だけではなく、若い方も含め、推定400~800万人がいるのではないかと考えられています。
年齢には関係なく熱中症になる可能性があるというわけです。

自分は大丈夫!は間違え

■4月に行われた検査
健康な65歳以上の方の血液を検査してみたところ、およそ7人に1人が脱水の症状がみられました。
そして、日頃から水分を十分とっている方の血液でも水分が不足しているという結果がでました。
 
◇83歳女性の場合
去年8月、体に違和感があり、体がだるく、疲れの症状が続いたので、病院へ行くと、熱中症と診断。それ以来、気をつけていたのだそうです。
 
「水を毎日1.1L」
「こまめに分けて飲んでいた」
「塩分もしっかりとっていた」
「クーラーをつけていた」
 
自分は大丈夫だと思っていたといいます。

熱中症予防の運動と食事法

 
「ドライボディ」は、筋肉量が少ない人。
さらに熱中症の危険があるということはわかりました。
 
■群馬大学 荻野祐一先生によると
「ドライボディ」は脳が縮小し、機能が低下するというのです。
一見、活発に働いているように見える写真ですが、この光っている部分は、「痛みを感じる部分」が反応。
脱水状態にあると、痛みを強く感じるようになり、神経が敏感に反応するのだそうです。
その他にも、
・だるさ・痛み過敏・イライラ・集中力の低下などの症状がでる。

脱水のサイン

神奈川県立大学 谷口先生
暑さに弱い人の他に、二日酔いになりやすい人も体に水分量に関係しているのだそうです。
 
1.口の中がネバネバする。乾きやすい
2.脇の下が乾いている
3.皮膚をつまむとあとが残る(元の状態に3秒以上かかる)
4.便秘気味
5.体重の急な減少

脱水の予防

水分のタンクがすくなくても満タンにしておく事が重要。
水分や塩分、涼しい場所などの対策の他に、重要な「食事量」。
 
食事から摂取する水分の量は1日に1Lにも。
1食減らすと、コップ2~3杯分の水分が足りなくなっているそうです。
 
夏場の食欲低下は、脱水を引き起こしてしまうのです。

効率良く筋肉を増やす運動ストレッチ

下半身には、6割の筋肉が集中していると言われています。
おすすめの運動をご紹介。
 
■インターバル速歩
1.ややキツ目に早歩き=3分
2.普通の歩き=3分
3.ややキツ目に早歩き=3分
 
1日15分で、筋肉量を激的に増やすことができるそうです。
気温が25度を超える時は、やめてください。
 
■楽々スクワット
椅子などに手をかけて、少しきついと感じるまで屈伸を行います。目安は10回。これを1日2セット。
 
もし、10回出来ない場合は、筋力不足の可能性があります。
膝の悪い方は無理をしないようにご注意。
 
◇大事なポイント
筋肉を増量させるのに効果的な方法
30分以内に「牛乳」を飲む。
 
タンパク質は、筋肉増量を助けてくれます。

熱失神

立ち上がると、めまいで倒れる事があります。
夏場は、血管が広がっているので、血液が足に行きやすくなっています。
立ち上がると一気に足に血液が行きます。
そのため脳に血液が行かなくなり、倒れてしまうのです。
 
足にしっかりと筋肉はあれば、血液を送ることが出来るのです。

■まとめ
下半身の筋肉をつけることで、熱中症を予防し、熱失神を防ぐことが出来るのです。
そのためには、しっかりとした食事をすることが重要になります。
夏バテで食事が出来ず、水分が不足するという悪循環を防ぎましょう。

スポンサードサーチ

スポンサードサーチ

Relevant Article

ガッテン流 ハウスダスト対策「ホコリを撃退する除電ぞうきん」作り方

ガッテン ホコリはどこからやってくる?ハウスダスト対策「ガッテン雑巾」作り方 関 …

股関節が原因?腰痛チェック法と改善ストレッチ「パカパカ体操」

ガッテン2017年9月27日「腰痛と股関節の関係」股関節の動きが悪いと腰痛の原因 …

no image
ガッテン 水虫の感染はプールや温泉じゃなかった!予防法なども紹介

ガッテン2017年7月26日 水虫の最新情報 今日紹介されたのは、治療法ではなく …

ガッテン流 膝痛が消えた!治療法「膝伸ばし」たったこれだけで改善

ガッテン2017年7月12日 膝痛解消ストレッチ 膝痛 関連記事 金スマ 銅冶流 …

ガッテンCRTの正常値
ガッテン CRP基準値でも肥満は「慢性炎症」の可能性あり?!

ガッテン 2017年5月10日 健康長寿 ダイエット・長寿関係 食べなかった事に …

ガッテン 治らない「かすれ声」の原因は胸部大動脈瘤!?2割に症状

ガッテン2017年3月15日 胸部大動脈瘤 症状とチェック法「あ~テスト」 ガッ …

ガッテン コラーゲン 床ずれ75%が改善・動脈硬化・関節炎の治療にも効果

2017年3月1日ためしてガッテン・コラーゲンの効果「軟骨の再生、関節炎、血管若 …

ガッテン血糖値を下げる方法「睡眠薬」! 医学界大注目の糖尿病予防と治療に

ガッテン!2017年2月22日 糖尿尿 最新!血糖値を下げるデルタパワー サタプ …

ガッテン 骨の刺激で血糖値を下げる方法「簡単!かかと落とし」認知症予防にも

ガッテン 2017年2月16日 骨ホルモン「オステアカルシン」血糖値を抑えて糖尿 …

ガッテン 冷え性を根本から解決する血管伸ばし・変動型高血圧・冷え性で脳梗塞

2017年2月8日ガッテン流 冷え性を改善する 立命館大 家光先生「血管のばし」 …

  


no image
普段やりがちなNG生活習慣4「首を揉む・きついベルト・寝る前歯磨き」

バイキング 2016年1月25日 大竹真一郎先生と森田豊先生が紹介。 普段何気な …

バイキング:森泉流セレブ愛用スーパーフード「ザクロの種」レシピ

バイキング2015年4月8日▽森泉オススメ!海外セレブが愛用するスーパーフードと …

この差って何?遺伝じゃない?黒目の大きさは、誰でも11~12mm!

この差って何ですか?2015年6月28日「黒目の大きさ」 関連記事 この差って …

ネックレスの女性
驚きのこれだけ?!一瞬で猫背を治す!姿勢が良くなるヒミツ

わかっているのに、なかなか治せない。 美しく立つことって、筋肉をしっかり使うので …

認知症を防ぐチョイス!早期に発見が鍵!軽度なら回復!物忘れ外来へ

「最新 認知症」関連記事 ガッテン 骨の刺激で血糖値を下げる方法「簡単!かかと落 …

no image
家庭の医学 夏バテ新原因「うつ熱」名医が伝授 汗を効果的かく方法!

猛暑が続いていますが、夏バテ、熱中症になりやすい「うつ熱」について愛知医科大学  …

主治医が見つかる診療所-ネバネバ食材「アカモク」免疫力UP!

主治医が見つかる診療所 2014-12/15再発見!健康長寿を延ばす日本の伝統食 …

駆け込みドクター「奇跡のスーパーフード」菊芋・ミドリムシ・川茸

駆け込みドクター!2015年7月19日ナポレオンの村の俳優陣がお医者さんに聞きた …

ラモス瑠偉 脳梗塞から脅威の回復力!奥さんが見た 前兆と症状

ラモス瑠偉さん 脳梗塞から脅威の回復!最初の症状、奥さんが見た前兆症状 関連記事 …

有吉ゼミ:365日外食しても太らない究極の睡眠法「石神秀幸」

有吉ゼミ「美容にこだわる男性芸能人達の日常」ヘルスプロモーション研究所内科医 佐 …

CATEGORY

100均グッズ
アンチエイジング
お取り寄せ
お金・節約・収入
がん
コスメ
シンガポール
スポーツ
ダイエット
つくれぽ
バリ島
ピックアップ
ファッション
メイク
ライフスタイル
人気のフード・レシピ
人気雑貨・グッズ
健康・美容
台湾観光
大腸・小腸・胃
恋愛
掃除・片付け
教育・子育て
日本の島
気になるもの
睡眠
肩こり・腰痛・膝痛
腸内環境
血管・脳
観光・グルメ
韓国ソウル
香港
鼻・耳・喉