パステル

パステル

ガッテン 骨の刺激で血糖値を下げる方法「簡単!かかと落とし」認知症予防にも

健康・美容, 血管・脳  : PASTEL

 

Sponsored Search

・・・・

ガッテン 2017年2月16日 骨ホルモン「オステアカルシン」血糖値を抑えて糖尿病予防

血糖値を下げる骨ホルモン「オステアカルシン」で糖尿病予防

骨といえば、加齢や閉経後などは、骨の内部がスカスカになり骨粗相症になってしまう・・・と言うのは、みなさんもご存知の話だと思います。

この骨のまわりには、無数の血管が伸び、骨の中は、骨髄、無数の細胞から出来、膵臓と繋がっており、糖尿病とも関わりが合ったのです。

国際医療福祉大学 大田博明先生によると

骨粗相症の治療で血糖値が改善される事があるそうで、実際に、骨粗相症の患者さんが治療を行うと、血糖値も大幅に改善されていたのです。

骨は骨だけではなく、膵臓と繋がっていたのです。

今日、紹介されたお話は、骨密度やカルシウムとは関係なく、骨の中にある骨ホルモン「オステアカルシン」というもの。

体のたくさんの臓器に作用するのだそうです。

「オステアカルシン」って聞きなれない名前ですが・・・

「オステアカルシン」=骨ホルモン (臓器の働きを活性化)

骨のパワーを世界で初めて突き止めたのは、
コロンビア大学 ジェラルド カーセンティ教授

10年前に発見されたそうです。
綿あめのような「オステアカルシン」は粉末で湿度で固まっているそうです。

当初、「オステアカルシン」は、骨を作る働きをしているのだろうと考えていたのですが、ある日、糖尿病になっているマウスにオステオカルシンを投与したところ、たった1度の注射で糖尿が治ってしまったというのです。
これは、今までの常識を覆す大発見。

研究を更に進めていくと、、骨にあるタンパク質には、驚きの効果を発揮していたのです。

オステアカルシンの効果

膵臓の働きを活発にし、インスリンの働きを活性化、
筋肉に働きかけ、糖の吸収を良くしてくれる
肝臓 肝臓の機能を向上
心臓 動脈硬化を予防
腸 小腸で働き、糖などの栄養を吸収を促進
精巣 安静ホルモンを増やし生殖能力を高める
皮膚 骨芽細胞を作るコラーゲンは、皮膚細胞と同じ種類で相関が高いというデーター
腎臓 骨が作るFGF23というホルモンが腎臓機能を向上
 認知機能を活性化

このように、骨で元気になる臓器が全身に及んでいたのです。
骨が臓器としての役割を果たしていたのです!

胃と肺についてはまだわかっていないそうですが、病気に対しての「治療+骨を元気にする事」でさらに治療効果が高まるということのようです^^

オステオカルシンが少ない人がいる!?

◎40~80代の方80人を対象とした検証

オステオカルシンの計測

血液検査をしたところ、平均 4.3でした。
しかし、大幅に下回っていた方もいたのです。

血糖値(HbA1c 5.5以下が望ましい)の計測

オステオカルシンが平均を下回った方の血糖値が大幅に高かったのです。
皆さん6~8。
まさに糖尿病予備、もしくは、疑いのある方だったのです

血糖値とオステオカルシンの量との関係が明らかになりました。

ちなみに骨密度とオステオカルシンの数量は必ずしも一致するわけではなく、カルシウムで骨密度を上げてもダメという事のようです。

血糖値ダウンさせる「オステオカルシン」

東京医科歯科大学 中島友紀先生によると_

骨には、骨細胞が無数にあり、長い突起を出し、繋がり合っています。
ある部分を刺激することで全身の骨が活性化するといいます。

オステオカルシンを増やす簡単ストレッチ「かかと落とし」

血糖値を下げるかかと落とし ガッテン流

かかとをちょっと上げて、ストンと落とす。

ポイントは、背筋を伸ばしゆっくり大きく伸び上がり一気にかかとを落とす!

骨に振動を与えて、機械的なストレスを与えて活性化させるというもの。

では、ジャンプのようなものでもいいのでは??
ということで・・・

大阪体育大学の測定機器で検証

軽いジャンプでは、270kの衝撃がありました。
では、かかと落としで計測してみると190k

ジャンプには劣りますが、かかと落とすだけで、十分刺激が与えられていたのです

刺激が与えられた事はわかりましたが、果たして、オステオカルシンを増やすことができるのか?
ココが重要ですよね^^

検証

80人のうちの数値が少なかった方を対象
1日30回を1週間 かかと落としを実践してもらう

◎結果
たった1週間で皆さんオステオカルシンがアップしていました。
倍になった方もいました。

オステオカルシンが少ない方は、糖尿病予備群だったというのが前回の検証結果で判明していましたが・・・
オステオカルシンがアップしたことで、血糖値も下がっていたのです!

オステオカルシンのパワーが凄いですね^^

骨粗相症に対しても効果的だとわかってきたそうで、骨密度もあがるのだそう。

時間がある時に、手軽でどこでもできるの「かかと落とし」
始めましょう♫

骨は、人間の形を作る、と言われてきたわけですが、骨を活性化することで色んな臓器が活性化する!
まさに骨は臓器なんですね。

オステオカルシンのサプリ研究中

そう、サプリがあったらうれしいですね♫
血糖値が下がって、全身にも働きかけてくれるんですから~

九州大学の平田先生は、豚の骨から抽出することに成功し、開発研究を進めているところだそうです。

サプリで登場する日も近いですね^^

まとめ

近年の研究で明らかになる事が本当に多いですね^^

糖尿病がある人は、認知症にもなる確率が高いとも言われていますが、骨の刺激で血糖値も下がり、認知機能もアップするんだったら、暇さえあれば「かかと落とし」やるしかないですね~やりましょう!

出来れば認知症にはなりたくないな・・・お料理のときに早速実践したいと思います♫

食べなかった事に出来る太田胃散の「桑の葉ダイエット」って??効果や口コミも

3月25日 登録

  


スポンサードサーチ

スポンサードサーチ

Relevant Article

no image
芸人 前田健さん 路上で突然倒れ「心肺停止」に 現在ICUで治療中

芸人前田健(マエケン)さんが意識不明の重体 昨日、新宿の路上で、突然嘔吐し倒れ、 …

no image
家庭の医学:危険な「胸焼け」の症例・症状を紹介「全身性強皮症」

たけしの健康2015年12月15日みんなの家庭の医学 セカンドオピニオンSP 目 …

no image
メレンゲ 西内まりや 美容法「エプソムソルト・クロスフィット・ドライフルール」

メレンゲの気持ち2016年10月1日 メレンゲの気持ち2016年10月1日 西内 …

no image
主治医*シナモンの健康効果「冷え性・胃潰瘍・糖尿病」予防対策に

主治医が見つかる診療所2015年12月14日【血管を健康にちょい足し身近食材】 …

パーマ女性
女性の薄毛・ハゲ・抜け毛の原因と対策!目だ立たない髪型は?

目 次 抜け毛に悩む女性急増中!? 最新研究で分かる女性特有の原因と8つの対策抜 …

no image
林先生初耳学!食べながらダイエット方法!焼き鳥で合うタレって?

林先生が驚く 初耳学!【言われたら2キロ太る禁句って?】2015年5月10日(日 …

no image
l4you・危険「熱中症と夏血栓」前兆の違いを知ろう!麦茶が効果的!

l4you 2015年7月22日「熱中症と夏血栓」 目 次 間違うと危険「熱中症 …

水晶体に溜まったAGE
この差【老眼の原因】 焦げた食べ物は、老眼になりやすい!?改善法も

この差って何ですか? 2016年4月17日・2016年9月18日 老眼になる人= …

no image
バイキング:1日5分で改善!ふくらはぎマッサージ!冷え性ダイエット

目 次 1日5分で体調を改善!ふくらはぎマッサージ・健康とダイエットに効果大1. …

no image
主治医が見つかる!腸内フローラ改善にオリゴ糖・なめ味噌・阿波晩茶

目 次 腸内フローラのバランス改善腸内フローラとは?腸内フローラのバランスを改善 …

CATEGORY

100均グッズ
アンチエイジング
お取り寄せ
お金・節約・収入
がん
コスメ
シンガポール
スポーツ
ダイエット
つくれぽ
バリ島
ピックアップ
ファッション
メイク
ライフスタイル
人気のフード・レシピ
人気雑貨・グッズ
健康・美容
台湾観光
大腸・小腸・胃
恋愛
掃除・片付け
教育・子育て
日本の島
睡眠
肩こり・腰痛・膝痛
腸内環境
血管・脳
観光・グルメ
韓国ソウル
香港
鼻・耳・喉