パステル

パステル

水場や庭いじりに注意!風邪かと思ったら「肺マック症・夏型過敏性肺炎」だった

健康・美容  : PASTEL

 

Sponsored Search

・・・・

主治医が見つかる診療所 2016年6月6日 肺と呼吸・危険な肺の病気見分け方・健康チェック

大谷義夫先生が解説

肺の病気を予防と改善法

風邪じゃない!危険な咳は肺の病気だった

あなたの肺は大丈夫?人は、1日に2万回も呼吸をするのだそうです。

この季節に気をつけたい、2つの危険な肺の病気が紹介されました。
ただの風邪だと思っていたら、咳がずっと止まらない!ドンドンひどくなっていく!そんな症状がある方は、小さな咳だからと安易に考えず、呼吸器科の専門医を受診したほうが良さそうです!

呼吸筋の衰えセルフチェック

1.パソコン仕事や家事など、前かがみになる事が多い
2.最近、疲れやすく、疲れが取りにくくなった
3.階段よりエレベーター、エスカレーターを使う
4.ダイエットをしても昔より痩せにくくなってきた
5.喉の渇くようになり、口臭が気になるようになった
6.声が小さくなり、聞き返される事もある
7.タバコを吸っている

「3つ以上で肺、呼吸に問題がある」そすです。

浅い呼吸で起こる体の不調・症状

酸素は、体のあらゆる部分「心臓、脳、皮膚、筋肉」などで必要とされています。
浅い呼吸で酸素の量が足りないと、疲れやすい、頭痛、めまい、肩こり、うつ病などの原因になるといいます。

■出演の先生方からの呼吸に関する話
・酸素が足りないと、肌のくすみ、肌のハリ、顔色も悪くなる。
・呼吸筋の強い人は、ダイエットでも効果が得られやすい
・美容にも大事なこと。
・免疫力、代謝アップ
・血流が良くても、酸素が少ないとだめ

しっかり呼吸することで、免疫力をアップさせ、痩せやすい体を作ってくれ、お肌も綺麗になり、見た目にも健康になるのだそうです^^

危険な肺の病気「夏型過敏性肺炎」

長引く咳の原因は夏型過敏性肺炎

台所に潜むカビが原因で、おこった「夏型過敏性肺炎」の症状や原因等が紹介されました。

■57歳女性:去年の9月(56歳)に発症

料理の時に、コンコンという咳が出るようになり、近所での診療所で診察「ただのカゼ」と診断され、抗生物質などを処方され帰宅します。

<1ヶ月後>
咳がおさまるどころか、「ゴホンゴホン」となり、激しい咳、息切れ、、胸のあたりに綿が詰まったような息苦しさなどの症状が出始め、ひどくなっていきます。

■不思議なことに、夫と息子にも激しい咳の症状がでていました。
しかし、2人は、良くなっていきます。

息子のすすめで、呼吸器専門病院に行き、はじめて「夏型過敏性肺炎」と診断されました。

■「夏型過敏性肺炎」とは?
夏場に増える1/300mmのカビ「トリコスポロン」を吸い込むことでアレルギー反応がおき、引き起こされる肺炎。

炎症を繰り返し、肺炎の慢性化することで、十分な酸素を吸い込むことができなくなります。徐々に肺の細胞が壊れ、酸素の取り込みができず、呼吸不全を起こし死に至ることもある怖い病気です。

壊れた肺の細胞は元に戻らないため、一生、酸素吸入器を手放せなくなるなど重症化する場合もあるそうです。

夏型過敏性肺炎は、夏風邪と間違えやすい症状がでるそうです。
また、夏場に増える病気だといいます。

洗面所のカビ「トリコスポロン」が原因だった
吸い込んでいたカビは、洗面所に出ていたカビが原因だとわかりました。

洗面所の水漏れを起こしていたといいます。そのため、床下には、「トリコスポロン」というカビが繁殖していたのです。

「トリコスポロン」とは?
湿気を好み、家の中の木材が使われている部分に繁殖しやすい。

■危険は、水回りだけじゃない
洗面所、浴室、台所、の水回りに繁殖しやすいそうですが、実は、畳、汗を吸い込んだ寝具にも注意が必要なのだそうです。

高温多湿になる夏場に患者さんが増加する傾向があり、特に6月の梅雨の時期~9月までは、気をつけましょう。

このご家族の場合、家族3人共、発症していましたが、夫や息子は、家にいる時間が短いため、症状が良くなっていったと考えられるそうです。

家にいる時間が長いため、女性の患者さんが多く、40~60代に多いのも特徴だそうです。

誰でも発症!原因の特定が難しい「肺マック症」

長引く咳の原因は、肺マック症だった

誰にでも起こりうる病気「肺マック症」。
マック菌が原因でした。

■症状:63歳女性 55歳の5月に発症
看護師を30年やっていたので、健康にも自信もあったそうです。

小さな咳、タンが続き、最初は、カゼだろうと思っていたので、市販薬を飲んでいたが、一向に良くならなかった。

<1週間後>
咳が強く出るようになり、ひどい時は、強い咳で夜に目が覚めたこともあったそうです。

症状がおかしいと感じ、呼吸器専門病院へいくと「肺マック症」と診断されました。

■「肺マック症」とは
マック菌(MAC)が、肺に入り込み、呼吸機能が低下し、肺の組織を破壊してしまう病気。

毎年1万人づつ患者が増えている恐ろしい病気だそうです。
この増加には、結核とよく似た症状であることから、結核とマック菌を区別する方法が確率されたという背景があるようです。

いつ誰が発症するかわからない病気で、完治が難しく一生治療を続けなければいけないこともあるのだそうです。

■「マック菌(抗酸菌)」とは
厄介なことに、細菌の感染源が特定が難しくほぼ不可能なのだそう。
身近なところに潜んでいるといいます。

◎水:浴室やシャワーヘッドなど水回り
◎土の中:庭の土いじりに注意
◎ほこり

マック菌(抗酸菌)結核菌によく似ていますが、結核菌より強くないし、人にも移さないので、多少安心な部分でも有ります。

2年間の投薬治療で症状が治まっているそうです。

■マック菌予防法
ぬめり気のある所、浴槽やシャワーヘッドの中にマック菌が繁殖しやすいそうです。
シャワーヘッドなどを洗う時は、水の中で洗い、菌が飛び散らないようにすること。
また、土、ホコリの中にも生息しますので、お庭での土いじりなどの際は、マスクと手袋を着用し、手洗いやうがいをする事が大事なのだそう。

■「肺マック症」見分け方
普通の夏風邪の場合は、ウイルス性なので1週間~10日くらいで治ってしまうのです。
もし小さな咳やタン、微熱でも、2週間続いたら、夏風邪ではありません。命に関わる危険な肺の病気かも知れません。
放置しないで、専門医を受診する事!

  


スポンサードサーチ

1日分のビタミンをしっかり摂る

Relevant Article

ダウンロード (8)
慢性腰痛・肩こりの改善法 グリッド・テニスボールで「筋膜はがし」

あさチャンで紹介された「筋膜はがし」   腰痛や肩こりの解消法や改善方 …

no image
主治医が見つかる:認知症の予防!自己チェック診断で早期発見!

主治医が見つかる診療所【認知症完全予防スペシャル】2015-3-16 放送 認知 …

イオン 冷凍食品自主回収商品
イオン冷凍食品ミックスベジタブル 「リステリア菌」の疑いで自主回収

イオン「リステリア菌」の疑いで冷凍食品20万個を回収 今年2月~5がつにかけて販 …

脳梗塞
今でしょ!夏が危険 脳硬塞 名医が実践の予防 チェック法・特効薬

名医がやっている脳硬塞予防法 脳梗塞は、夏に発症する割合がとても多いと言われてい …

バストアップ
ミになる図書館:ママタレの育児法!共通の悩みはバストが垂れた?!

中居正広のミになる図書館2015年6月23日(火) ママタレ軍団大ショック!! …

no image
世界一受けたい:簡単!家庭菜園ベスト5*トウモロコシもやし?

新しい日本の野菜&藤田式 初心者でも簡単家庭菜園ベスト5 世界一受けたい:201 …

no image
ノンストップ 知っておくと便利なミニ保険「葬儀保険・お天気保険・不妊治療保険」

ノンストップ 2016年10月4日 ミニ保険 少額で保証期間が短いのが特徴です。 …

no image
熱中症・水分を溜められない体質「ドライボディー」予防対策:ガッテン

ためしてガッテン2015年7月15日 熱中症&血液ドロドロ 一挙解決SP 毎年、 …

no image
駆け込みドクター!お医者さんに聞きたい!:湯治温泉・舌とがんなど

駆け込みドクター!お医者さんに聞きたい!病気・病院・健康法SP2015年4月19 …

5487ba89f26e68f277a7032e7bb8e458_s
主治医:血管によい「柚子の健康効果・ゆず酢の作り方」を紹介

主治医が見つかる診療所2015年12月14日【血管を健康にちょい足し身近食材】 …