パステル

パステル

水場や庭いじりに注意!風邪かと思ったら「肺マック症・夏型過敏性肺炎」だった

健康・美容  : PASTEL

 

Sponsored Search

・・・・

主治医が見つかる診療所 2016年6月6日 肺と呼吸・危険な肺の病気見分け方・健康チェック

大谷義夫先生が解説

肺の病気を予防と改善法

風邪じゃない!危険な咳は肺の病気だった

あなたの肺は大丈夫?人は、1日に2万回も呼吸をするのだそうです。

この季節に気をつけたい、2つの危険な肺の病気が紹介されました。
ただの風邪だと思っていたら、咳がずっと止まらない!ドンドンひどくなっていく!そんな症状がある方は、小さな咳だからと安易に考えず、呼吸器科の専門医を受診したほうが良さそうです!

呼吸筋の衰えセルフチェック

1.パソコン仕事や家事など、前かがみになる事が多い
2.最近、疲れやすく、疲れが取りにくくなった
3.階段よりエレベーター、エスカレーターを使う
4.ダイエットをしても昔より痩せにくくなってきた
5.喉の渇くようになり、口臭が気になるようになった
6.声が小さくなり、聞き返される事もある
7.タバコを吸っている

「3つ以上で肺、呼吸に問題がある」そすです。

浅い呼吸で起こる体の不調・症状

酸素は、体のあらゆる部分「心臓、脳、皮膚、筋肉」などで必要とされています。
浅い呼吸で酸素の量が足りないと、疲れやすい、頭痛、めまい、肩こり、うつ病などの原因になるといいます。

■出演の先生方からの呼吸に関する話
・酸素が足りないと、肌のくすみ、肌のハリ、顔色も悪くなる。
・呼吸筋の強い人は、ダイエットでも効果が得られやすい
・美容にも大事なこと。
・免疫力、代謝アップ
・血流が良くても、酸素が少ないとだめ

しっかり呼吸することで、免疫力をアップさせ、痩せやすい体を作ってくれ、お肌も綺麗になり、見た目にも健康になるのだそうです^^

危険な肺の病気「夏型過敏性肺炎」

長引く咳の原因は夏型過敏性肺炎

台所に潜むカビが原因で、おこった「夏型過敏性肺炎」の症状や原因等が紹介されました。

■57歳女性:去年の9月(56歳)に発症

料理の時に、コンコンという咳が出るようになり、近所での診療所で診察「ただのカゼ」と診断され、抗生物質などを処方され帰宅します。

<1ヶ月後>
咳がおさまるどころか、「ゴホンゴホン」となり、激しい咳、息切れ、、胸のあたりに綿が詰まったような息苦しさなどの症状が出始め、ひどくなっていきます。

■不思議なことに、夫と息子にも激しい咳の症状がでていました。
しかし、2人は、良くなっていきます。

息子のすすめで、呼吸器専門病院に行き、はじめて「夏型過敏性肺炎」と診断されました。

■「夏型過敏性肺炎」とは?
夏場に増える1/300mmのカビ「トリコスポロン」を吸い込むことでアレルギー反応がおき、引き起こされる肺炎。

炎症を繰り返し、肺炎の慢性化することで、十分な酸素を吸い込むことができなくなります。徐々に肺の細胞が壊れ、酸素の取り込みができず、呼吸不全を起こし死に至ることもある怖い病気です。

壊れた肺の細胞は元に戻らないため、一生、酸素吸入器を手放せなくなるなど重症化する場合もあるそうです。

夏型過敏性肺炎は、夏風邪と間違えやすい症状がでるそうです。
また、夏場に増える病気だといいます。

洗面所のカビ「トリコスポロン」が原因だった
吸い込んでいたカビは、洗面所に出ていたカビが原因だとわかりました。

洗面所の水漏れを起こしていたといいます。そのため、床下には、「トリコスポロン」というカビが繁殖していたのです。

「トリコスポロン」とは?
湿気を好み、家の中の木材が使われている部分に繁殖しやすい。

■危険は、水回りだけじゃない
洗面所、浴室、台所、の水回りに繁殖しやすいそうですが、実は、畳、汗を吸い込んだ寝具にも注意が必要なのだそうです。

高温多湿になる夏場に患者さんが増加する傾向があり、特に6月の梅雨の時期~9月までは、気をつけましょう。

このご家族の場合、家族3人共、発症していましたが、夫や息子は、家にいる時間が短いため、症状が良くなっていったと考えられるそうです。

家にいる時間が長いため、女性の患者さんが多く、40~60代に多いのも特徴だそうです。

誰でも発症!原因の特定が難しい「肺マック症」

長引く咳の原因は、肺マック症だった

誰にでも起こりうる病気「肺マック症」。
マック菌が原因でした。

■症状:63歳女性 55歳の5月に発症
看護師を30年やっていたので、健康にも自信もあったそうです。

小さな咳、タンが続き、最初は、カゼだろうと思っていたので、市販薬を飲んでいたが、一向に良くならなかった。

<1週間後>
咳が強く出るようになり、ひどい時は、強い咳で夜に目が覚めたこともあったそうです。

症状がおかしいと感じ、呼吸器専門病院へいくと「肺マック症」と診断されました。

■「肺マック症」とは
マック菌(MAC)が、肺に入り込み、呼吸機能が低下し、肺の組織を破壊してしまう病気。

毎年1万人づつ患者が増えている恐ろしい病気だそうです。
この増加には、結核とよく似た症状であることから、結核とマック菌を区別する方法が確率されたという背景があるようです。

いつ誰が発症するかわからない病気で、完治が難しく一生治療を続けなければいけないこともあるのだそうです。

■「マック菌(抗酸菌)」とは
厄介なことに、細菌の感染源が特定が難しくほぼ不可能なのだそう。
身近なところに潜んでいるといいます。

◎水:浴室やシャワーヘッドなど水回り
◎土の中:庭の土いじりに注意
◎ほこり

マック菌(抗酸菌)結核菌によく似ていますが、結核菌より強くないし、人にも移さないので、多少安心な部分でも有ります。

2年間の投薬治療で症状が治まっているそうです。

■マック菌予防法
ぬめり気のある所、浴槽やシャワーヘッドの中にマック菌が繁殖しやすいそうです。
シャワーヘッドなどを洗う時は、水の中で洗い、菌が飛び散らないようにすること。
また、土、ホコリの中にも生息しますので、お庭での土いじりなどの際は、マスクと手袋を着用し、手洗いやうがいをする事が大事なのだそう。

■「肺マック症」見分け方
普通の夏風邪の場合は、ウイルス性なので1週間~10日くらいで治ってしまうのです。
もし小さな咳やタン、微熱でも、2週間続いたら、夏風邪ではありません。命に関わる危険な肺の病気かも知れません。
放置しないで、専門医を受診する事!

スポンサードサーチ

スポンサードサーチ

Relevant Article

主治医 運動なし!食べるだけで痩せる魔法の海草「アカモク(ギバサ)」

主治医が見つかる診療所 2017年9月26日 内臓脂肪を減らすアカモク・「フコキ …

片頭痛の原因?脳動脈瘤でくも膜下出血の危険!TRF DJKOO 緊急手術

主治医が見つかる診療所2017年9月25日 片頭痛もちDJKOOさん。くも膜下出 …

主治医 ポリフェノールの含有量が多い「飲み物ランキング5」

主治医が見つかる診療所 2017年7月10日ポリフェノールで老化予防、美肌に ポ …

主治医 朝 顔がむくむ!目が腫れる!ポイントは「肩」簡単リンパマッサージで小顔に

主治医が見つかる診療所 2017年7月3日顔のむくみを解消!すっきり小顔・ほうれ …

主治医 シワが減る!食べて痩せる!エクオール菌おすすめ食材「寒天」

主治医が見つかる診療所 2017年5月15日 腸内フローラを整えるエクオール食材 …

no image
主治医 体に良い油「Gheeギー」発酵バターを使った家庭での作り方

主治医が見つかる診療所 2017年4月17日 体に良い油「ギー」 インドスパイス …

no image
主治医 秋津医師おすすめ 体に良い油 熱に強いオメガ3サチャインチオイル

主治医が見つかる診療所 2017年4月17日 秋津医師おすすめの体に良い油 サチ …

主治医しびれ 鎖骨下動脈狭窄症「水を触ったらビリビリ!動脈硬化と高血圧」

主治医が見つかる診療所 2017年2月14日 危険なしびれ 鎖骨下動脈狭窄症 血 …

頚椎症性脊髄症「尾木ママ危険な 手足しびれ・初期症状」10秒チェック法

主治医が見つかる診療所 2017年2月14日 危険なしびれ1 頚椎症性脊髄症(け …

主治医 ダイエットの失敗は脳にあり!湯山玲子プチ断食3日でー2K!

主治医が見つかる診療所2017年1月17日 湯山さんのプチ断食 ダイエット 目  …

  


世界仰天ニュース 本人も気づかない魚の腐った体臭「トリメチルアミン尿症」

世界仰天ニュース トリメチルアミン尿症 体臭・口臭 記事 名医が教える危険な体臭 …

サタデープラス:名医がすすめる7時間睡眠・丸山隆平の意外な習慣

目 次 睡眠と認知症の関係と良い睡眠習慣とは?ゲストの睡眠習慣のチェック!1位  …

サタプラ 早見優10日で血管年齢-10歳!氷酢たまねぎ生活作り方と効果

サタデープラス 2016年4月30日 早見優・TKO木下さん「氷酢たまねぎ」作り …

ドクターG 1週間続く熱 だるさは「続発性副腎不全」。すり足歩行から判明

総合診療医ドクターG 2017年9月6日千葉県・塩尻利明先生 症例は67歳の女性 …

その原因X 隠れ貧血で物忘れの症状?!対策に「アサリのクラムチャウダー&枝豆」レシピ

その原因X2017年2月3日 40代からの物忘れは「隠れ貧血」 「鉄分・貧血」関 …

ためしてガッテン!最新の糖尿病の治療は食べて改善!腸内環境が大事

ためしてガッテン「食べて糖尿病大改善! 医師も驚がく最新ワザ」食べて改善、糖尿病 …

no image
ジョブチューン 肺がん・子宮頸がん6割減!みかんのがん予防 陳皮の作り方

ジョブチューン 2017年2月11日 みかんの皮でがん予防・免疫力アップ!効果か …

得する人損する人:冷し炭水化物ダイエット・絶品冷やご飯レシピ!

目 次 これならできる!簡単にダイエット!炭水化物でヤセる?!便秘解消にも効果的 …

今でしょ6月に注意!低気圧で引き起こす病気5「脳血管・関節痛・片頭痛」等

林修の今でしょ講座 2016年5月31日 梅雨の悩み 低気圧 関連記事 金スマ …

no image
家庭の医学 隠れ血管異常「食後高脂血症」 予防と改善法・食事法

たけしの健康みんなの家庭の医学2016年7月12日 健康診断では分からない「隠れ …

CATEGORY

100均グッズ
アンチエイジング
お取り寄せ
お金・節約・収入
がん
コスメ
シンガポール
スポーツ
ダイエット
つくれぽ
バリ島
ピックアップ
ファッション
メイク
ライフスタイル
人気のフード・レシピ
人気雑貨・グッズ
健康・美容
台湾観光
大腸・小腸・胃
恋愛
掃除・片付け
教育・子育て
日本の島
気になるもの
睡眠
肩こり・腰痛・膝痛
腸内環境
血管・脳
観光・グルメ
韓国ソウル
香港
鼻・耳・喉