パステル

パステル

ドクターG 吐き気が止まらない・症状から「糖尿病」が原因だった

健康・美容, 血管・脳  : PASTEL

 

Sponsored Search

・・・・

ドクターG 2016年9月21日「吐き気が止まらない」「糖尿病性ケトアシドーシス」と診断

洛和会丸太町病院 救急総合診療科 上田先生

今回は「吐き気が治まらない男性」の診断でした。

上田先生は、自ら患者さんを呼び、待合室の様子から病気を絞り込
んで推測をしていくといいます。

男性の来院までの症状、診断などを参考に、推測した病気なども紹介されました。

男性の診断結果「糖尿病性ケトアシドーシス」

<42歳 男性>
178cm 78k
血圧:126/88
脈拍: 97
呼吸数:20
タバコは1日20本位

糖尿病性ケトアシドーシスとは

主に糖尿病の人に見られる重篤な病気。
吐き気、嘔吐、息苦しさ、脱水などの症状。

ケトン体が溜まり酸性に近づく状態=アシドーシス

ケトンとは?

細胞に栄養を取り込むには、ぶどう糖が必要です。しかし糖を取り込むには、インスリンも必要です。

糖分を多く取り込むと、インスリンも沢山必要になってきます。
血糖値が高い状態だと、インスリンが十分に作られなくなったり、インスリンの効きが悪くなったりするのです。

膵臓で作られるインスリンが作られなくなり、血液中に糖がたまり、血糖値が上がります。これが糖尿病。

すると、細胞のエネルギーがなくなるので、体内にある脂肪を燃焼させエネルギーにかえますが、この時できるのが「ケトン体」です。

症状1 体重減少

体重の減少の症状があります。

体重が減っているかどうかを確認すると、ベルトの穴の位置が一つきつくなっていた。

ベルトの穴は、2.5cm。
ウエスト1cm減ると、体重が約1k減っている。
この男性は、およそ3k減っていると推測されました。

症状2 クスマウル大呼吸

カラダにケトン体がたまると息苦しさを感じ、沢山息を吸い込もうと、深く早い呼吸になります。

<自然な呼吸>
吸う1:吐く2

<息が苦しい場合>
吸う1:吐く1

男性は、正常範囲の呼吸でしたが、クスマウル呼吸と診断されました。

糖尿病の特長「息が甘い」口臭

人によっては、
・腐ったリンゴの臭いがする。
・除光液のような臭い

2週間の入院治療で元気に回復されました。

まれに、大量の糖分や炭水化物の大量摂取で急性に発症することがあるそうです

男性の最初の症状

◎10日前、風邪で寝込み3日間下痢をしていた。
⇛その時は、吐き気はなかった

◎4日前、娘の料理「ハンバーグ」を食べた
⇛油っぽいものが食べれなかったので吐いてしまった
その日以来、毎日吐いている。

・昼食は、麺類を食べるようにしてた
・黄色い水っぽいものを吐く
・今まで病気はない
・薬も飲んでいない
・頭痛もない
・食欲はないが水分はとっていた

男性は、食欲が無いので、カロリーが不足しているということで、大量のジュースを飲んでいました。

最初の診断・問診

・目の黄疸、貧血なし
・リンパ節のはれなし
・背中の痛みなし
・心音正常
・腸の動き 正常
・お腹の押すと少し痛み
・ふらつきなし
・表情に左右差はない
・夜中のトイレ(2回程度)
・喉の渇きがあった 

研修医が推測した病気

慢性膵炎

膵臓から作られる消化酵素が出口などで詰まることなどが原因で炎症が起きる病気

膵臓の慢性的な炎症で背中や胸部が激しく痛むと吐くことがある。

しかし、急性膵炎を繰り返し慢性膵炎になる。

ビタミンB12欠乏症

海苔や海藻など色々なものに含まれるもので、足りなくておきるのではなく、胃腸の病気などがあり、吸収が悪くなってビタミンが欠乏する。

血液や神経を作る大事な栄養素。
欠乏すると、ふらつき、意識障害、貧血、などの症状が出ます。

脊髄をやられてしまい、バランス感覚に症状が出ることが多い。
しかし、男性にはめまいやふらつきはなかった。

胆管炎

肝臓と胆のうを十二指腸につなぐ胆管が細菌などに感染し炎症が起きる。
激しい腹痛、黄疸、高熱が出る
痛みが酷いと吐くこともある。

しかし、治療をしないと黄疸や意識障害など状態が悪くなる。
このケースでは、時間がたっているので違うと判断。

胃腸炎など消化管

胃腸炎は、先に吐く。その後下痢になる。

男性は、下痢が先だった。

内分泌代謝の病気の疑い

カラダを正常に機能させるためのホルモンやカルシウム、ナトリウムなど食べ物から摂取するミネラルのバランスが崩れておきる病気。

吐き気、だるさなどの多彩な症状がでる。

高カルシウム血症

血液中のカルシウム濃度が高くなる病気。
ホルモンバランスが崩れ、意識障害、脱水、嘔吐、便秘などの症状が出ることがある

喉が渇く、多飲、多尿などの症状も。

骨に悪性腫瘍が出来ることなどが原因で、骨からカルシウムが溶け出し、高カルシウム血症に。

副腎不全

副腎ホルモンが低下し、低ナトリウム血症を引き起こすことがある。

食欲不振、吐き気、嘔吐などを引き起こすことがある。
重症化すると中枢神経や精神に異常を起こすこともある。

スポンサードサーチ

スポンサードサーチ

Relevant Article

ドクターG 5歳子供の激しい腹痛 嘔吐 熱は「肺炎」だった

ドクターG 2017年9月21日 肺炎球菌による肺炎と胸膜炎(5歳子供の発熱・腹 …

ドクターG「めまい、立ちくらみ、まぶたの腫れ」IgG4関連疾患から糖尿病を発症

ドクターG 2017年9月13日 58歳男性。症状は、立ち上がるとめまい、ふらつ …

ドクターG 1週間続く熱 だるさは「続発性副腎不全」。すり足歩行から判明

総合診療医ドクターG 2017年9月6日千葉県・塩尻利明先生 症例は67歳の女性 …

NHKドクターg【腹部アンギーナ】食後3時間の腹痛と下痢は「動脈硬化」が原因だった

NHKドクターg 2017年8月30日 お腹が痛い 食後の腹痛・動脈硬化が原因「 …

ドクターG 長引く原因不明の腰痛は「パーキンソン病」が原因だった

ドクターG 腰痛が悪化していく「パーキンソン病」 2016年10月13日 「腰痛 …

ドクターG 吐き気が止まらない・症状から「糖尿病」が原因だった

ドクターG 2016年9月21日「吐き気が止まらない」「糖尿病性ケトアシドーシス …

no image
ドクターḠ 突然ショック状態「脾臓摘出後の重症肺炎球菌感染症」だった

NHK ドクターG  2016年7月27日突然ショック状態になった ドクターG: …

ドクターG 「前頭側頭型認知症」の症例・万引きを繰り返す常同行動

ドクターg 2016年6月8日 テーマは、「自殺するかもしれない」 「認知症」関 …

ドクターG 冷たいものを触ると手のしびれや痛み「イシガキダイ」が原因だった

ドクターG 2016年6月1日 手がずっとしびれている 今日の先生は、色々な地域 …

ドクターg 「突然息が苦しくて動けない」運動前の食べ物が原因だった

NHKドクターg 2016年5月11日「息が苦しくて動けない」 アレルギー関連記 …

  , ,


あさチャン 福崎町の主婦直伝!もち麦レシピ「おはぎ・ハンバーグ・ゆでもち麦」

あさチャン2016年10月20日 もち麦レシピ もち麦 関連記事 ノンストップも …

40代で心筋梗塞!危険な場違い脂肪(異所性脂肪)を自己チェック法!主治医

主治医が見つかる診療所 2016年9月12日 最新研究でわかった「危険な場違い脂 …

酢しょうが分量
サタプラ 小堺一機「酢しょうが」10日で血管年齢-17歳!作り方と効果

サタデープラス2016年1月30日小堺10日で血管ー17歳 血圧、血糖値を下げる …

no image
直撃LIVEグッディ!絶対に追加すべき人間ドックのオプションとは?

目 次 健康診断で絶対に受けるべきオプション大村さんが 「大腸CT検査」を体験森 …

主治医が見つかる診療所・スーパービタミンE「米油」動脈硬化・レシピ

目 次 主治医が見つかる診療所【再発見!健康寿命をのばす日本の伝統食SP】スーパ …

サタデープラス:目を治して若返!眼瞼下垂とドライアイをチェック

サタデープラス2015年5月23日眼瞼下垂とドライアイ 目 次 目の病気を治した …

バイキング紫外線対策?あいう体操・コーヒーの効果・去年の日焼け止・・他

バイキング2016年4月20日5月が危険・紫外線の疑問・対策 関連記事 世界一受 …

バイキング!武富式 骨盤矯正1日1分「ひねりっち」歪みチェック法

バイキング!2015年6月15日▽骨盤矯正で腰痛他カラダ改善 目 次 1日1分「 …

林修の今でしょ!体にいい油は?肝臓・二日酔い「ごま油」がいい

2015年2月24日 林修 井上浩義(慶応大学 医学部教授) 水島弘史(料理研究 …

no image
サタデープラス:驚き!白内障手術とは?チェック法と最新の手術法

目 次 驚き世界最新! 白内障の手術白内障チェック!こんな症状はありませんか?最 …

CATEGORY

100均グッズ
アンチエイジング
お取り寄せ
お金・節約・収入
がん
コスメ
シンガポール
スポーツ
ダイエット
つくれぽ
バリ島
ピックアップ
ファッション
メイク
ライフスタイル
人気のフード・レシピ
人気雑貨・グッズ
健康・美容
台湾観光
大腸・小腸・胃
恋愛
掃除・片付け
教育・子育て
日本の島
気になるもの
睡眠
肩こり・腰痛・膝痛
腸内環境
血管・脳
観光・グルメ
韓国ソウル
香港
鼻・耳・喉