パステル

パステル

家庭の医学:夏の冷え性・冷えのぼせ を即効 改善「3つのつぼ」

健康・美容  : PASTEL

 

Sponsored Search

2015年8月11日・たけしの家庭の医学・夏バテのもうひとつの新原因・http://asahi.co.jp/hospital/・

夏の冷え性と夏バテの新常識 夏の冷え性

8月に入ってから、猛暑が続きます。
熱中症で運ばれる方も過去最多なのだそうです。

35度の気温なのに冷え性に悩んでいる女性がたくさんいます。
女性のおよそ8割と言われています。
 
こんな時期に気をつけたい体の不調です。
暑いのに寒い?そんな症状に悩む方が増えているのだそうです。

冷えを改善出来る「ツボ」紹介してくれました。

夏が危険!通常の「冷え性」を悪化させてしまう

北里大学 伊藤先生が解説してくれました。
温度差に体がついていかない状態だけではなく、体の中の異常な温度差が原因ということがわかったのだそうです。
 

冷え性の5つのタイプ

1.全身型
2.局所型
3.四肢末端型
4.内蔵型
5.下半身型冷え性:中高年に多く、下半身が冷え、およそ8割の人がこのタイプ。
 
下半身型冷え性が夏に最も多いのだそうです。

下半身型冷え性の特徴 冷えのぼせ

1.足先が真っ青になり、常温になっても足先の温度が戻らないという症状。
 一旦冷えると、なかなかもどらないのだそうです。
 
2.上半身は暑いのに、下半身だけが冷たい状態です。
 

冷えのぼせ

下半身の血管が収縮し、血流が悪くなり、下半身にまで届かず、上半身に必要以上に血液が行ってしまい、上半身と下半身の温度差が生じてしまうのです。

下半身型冷え性の原因とは?

老化などで、おしりやふくらはぎの筋肉が固くなる事で交感神経を刺激し下半身の血管を収縮させたり、血管を圧迫させるなどして、足先にまで血管をいきにくくさせていしまいます。

■足の冷えに悩む女性3名 検証

夏でも靴下を履き、下半身、特に足の冷えに悩む女性3名。
クーラーのきいた部屋で30分座っているだけ。

冷房を切ってから、部屋が常温に戻ってから計測。

◇33歳女性:結果:温度差14度
◇51歳女性:結果:温度差11.8度
◇49歳女性:結果:温度差10度

下半身冷え性の予防と改善 「3つのツボ」 

北里大学 伊藤先生が伝授してくれました。
実際に診療にもつかっているという方法です。
即効性が有り、また予防にもなるそうです。
 
ツボをおして痛いと感じると、血流が悪くなっている証拠です。
 

1.築賓 ちくひん

冷え性を改善する足つぼ「築賓」

5秒押し、ゆるめます。左右5セット行います。
 
足にふくらはぎの内側にあります。
頸骨の下側あたり。

ハンコを押すときのような感じで、
両側から挟んで押すと効果的です。
 

2.殿中 でんちゅう

冷え性改善のツボ殿中

左右30秒。
お尻の少し上辺り。
コリを感じたり、痛みが出たらそこがツボ。
お尻の血管の血流が改善されます。
 
◇効果的に押す方法
 1.あおお向けになり、膝をたてます
 2.殿中にボールを押し、反対側の腰を浮かせ、ボールを押します。
左右30秒。
 

3.八風 はちふう

冷えを解消する足つぼマッサージ八風

足の付根左右4ヶ所を足の裏側にむけて強めに曲げます。
5秒キープしパッと離します。左右5セット。
 
末梢血管の血流が回復します。
 
この3つのツボ押しを「毎日1回」行うことで、冷え性予防にもつながります。
下半身の血流を改善しておきたいですね。



女性に多い冷え性 その理由とは?・毛細血管のゴースト化

男性の方の冷え性ってあまり聞かないですよね。
反面、寒がりで足が冷たい方、体が冷える方が多いのは女性だったりします。

その理由は「脂肪」にあるのだそうです。

筋肉を動かすことでエネルギーが生まれます。
すると熱を発し体を温めてくれます。

その一方で、脂肪があることで毛細血管への血流の循環は悪くなっていきます。

筋肉が少なく脂肪が多いタイプの方は、手足や関節の冷えだけでなく、体の中も冷えてしまうのです。

毛細血管は、全身の血管の90%と言われ、体を包み込んでいる血管です。

生活習慣の乱れ、過度のダイエットで栄養不足、また暴飲暴食、喫煙など悪い生活習慣が「毛細血管のゴースト化」を促進してしまいます。

◎毛細血管のゴースト化についてはこちらの記事を参考に⇓
◎1週間で劇的変化!毛細血管の老化はシミ・シワシの原因!シナモン予防⇛

家庭で作る新調味料「黒酢ハニーソース・トマ味噌」他

ポッコリお腹の原因むくみ腸を改善「しょうがココア」作り方

楽やせダイエット「ショウガと乳酸キャベツ」ニッチェ近藤・SKE鎌田

サタデープラス 関根勤の酢しょうが生活 たった2週間で血管年齢‐18歳!

L4YOU 酢しょうがのアレンジレシピ「万能酢しょうがドレッシング&サラダ」

1日大さじ5杯 レモン酢生活 肌&血管若返り-17歳!大場久美子&松崎しげる

黒酢と生姜のサプリ選び「価格と成分で比較」

  


スポンサードサーチ

スポンサードサーチ

Relevant Article

妊娠中のがん治療
あさイチ 妊娠とがん・抗癌剤治療は大丈夫?諦める前に相談を!

あさイチ 2016年10月31日 妊娠中にガンが発覚!赤ちゃんとお母さんを助ける …

no image
バイキング 長野県高山村・3つの長寿の秘密・りんごの効果とレシピ

目 次 長寿の県 長野県の健康の秘密とは?長寿村の秘密1.皮ごとりんご2.運動3 …

rouka3
世界一受けたい:1日1分!筋肉チェックでAGEを撃退!老化防止

関連記事 世界一受けたい授業 白土修流「腰磨き」腰痛を改善・予防するストレッチを …

no image
ヒルナンデス 最新人気の入浴剤・エプソムソルト「ゼリー状・味噌汁・アイス」

ヒルナンデス 2017年1月10日 入浴剤 入浴剤関連記事 ヒルナンデス ロフト …

うずらの卵
ためしてガッテン・うずらの卵パワー!鉄分豊富!妊婦さんに♪

2015-3-6放送ためしてガッテン「10円で健康美肌効果!うずらの卵が世界で大 …

main_bigbanner01
ココナッツオイルで健康に!認知症予防・美肌効果!美味しく綺麗

ココナッツオイル&ミルクの効果 あさイチ・ココナッツオイル活用レシピ「ポークソテ …

no image
2016最新「腸内フローラ」寿命と肥満の関係・自分にあったヨーグルト選び

羽鳥慎一モーニングショー2016年5月4日 最新研究でわかった腸内ローラ・自分に …

夏木マリ美容法 りんごを食べる
メレンゲ 夏木マリ64才「DNA検査でわかった疲れにくい体」美容健康法

メレンゲの気持ち2016年4月9日 夏木マリ64才 DNA美容法 目 次 夏木マ …

Image07041026_02
主治医 朝 顔がむくむ!目が腫れる!ポイントは「肩」簡単リンパマッサージで小顔に

主治医が見つかる診療所 2017年7月3日顔のむくみを解消!すっきり小顔・ほうれ …

maca_pautix5_top
スッキリ 体に良い油「マカダミアナッツオイル」健康と美肌に効果

スッキリ!!2016年1月13日 体に良い油が話題ですね。 今年になって売上が2 …

CATEGORY

100均グッズ
アンチエイジング
お取り寄せ
お金・節約・収入
がん
コスメ
シンガポール
スポーツ
ダイエット
つくれぽ
バリ島
ピックアップ
ファッション
メイク
ライフスタイル
人気のフード・レシピ
人気雑貨・グッズ
健康・美容
台湾観光
大腸・小腸・胃
恋愛
掃除・片付け
教育・子育て
日本の島
睡眠
肩こり・腰痛・膝痛
腸内環境
血管・脳
観光・グルメ
韓国ソウル
香港
鼻・耳・喉