パステル

パステル

キャシー中島さん(64歳) イボかと思ったら「皮膚がん」だった

健康・美容  : PASTEL

 

Sponsored Search

・・・・

キャシー中島さんが、皮膚がんだったことを公表

当初は、イボをとったっと言っていたが、実は、皮膚がんだったことをあかし、2月に腫瘍切除をしたとブログで公表したそうです。

右目の下にできたイボは、1年半くらい前に、赤い小さな点だったといいます。
ご本人は、ニキビかな?そう思っていたのだそう。
今年に1月、検査の結果「基底細胞がん」と診断。

それがどんどん大きくなっていき、半年たった頃には、イボのようになり、グチュグチュしてきたといいます。

現在は、順調に回復していると言います。

基底細胞がんとは?

主に顔にできる皮膚がんで、局所の悪性腫瘍。
70代の方に多く、転移の可能性はとても低いがんだといいます。

しかし、目の下に出来ると、がんが進行したら失明の可能性もあるのだそうです。

紫外線の影響

原因の一つに、紫外線の影響もあるといいます。

この時期、気をつけたい紫外線。
しっかり日焼け止め、日傘などで紫外線を浴びないように気をつけ無くてはいけませんね。
5月の紫外線は、とっても強いのだそうです。

  ,


スポンサードサーチ

菌活美容「コンブチャ」

KOMBUCHA(コンブチャ)

Relevant Article

kekkan6
駆け込みドクター血管年齢を若く!血管マッサージ法・風呂の入り方

駆け込みドクター!話題の新常識たっぷり 血管年齢が若返るSP2015年3月15日 …

no image
たけしの家庭の医学 治らない五十肩は、肩腱板断裂?チェック法も

たけしの家庭の医学2016年1月26日 東北大学病院では、整形外科が中心となり医 …

Image05050751_04-300x169
海外セレブも!ビーガン料理とは?ダイエットやアレルギー体質の改善に

海外セレブに人気!ビヨンセさんも実践ビーガン料理 話題のビーガン料理とは? 肉類 …

no image
韓国*美容整形に規制!ツアーってどう?気になる価格は?

韓国の美容整形の広告のビフォー・アフター表示が規制される 整形美容大国の韓国では …

no image
サタデー:脳硬塞のチェック法と予防にゾンビ体操!最新の脳ドック

夏が怖い!脳硬塞の予防とチェック方法   専門医の池谷先生が教えてくれ …

食物依存性運動誘発アナフィラキシーの症状がでた運動
ドクターg 「突然息が苦しくて動けない」運動前の食べ物が原因だった

NHKドクターg 2016年5月11日「息が苦しくて動けない」 アレルギー関連記 …

f9f0f4ef2dd353d52f02976dff510eb1_s-e1424861192267
林修の今でしょ!体にいい油はどれ?心臓病にいい「オリーブオイル」

2015年2月24日林修の今でしょ!http://www.tv-asahi.co …

no image
林修の今でしょ!講座:新薬 徹底解明SP!ガンの薬や認知症・・

林修の今でしょ!講座2015年5月16日『最新の薬 徹底解明SP』   …

no image
主治医 家庭血圧の正しい測定方法・危険な仮面高血圧とは?

主治医が見つかる診療所2016年1月25日【真冬の突然死を防ぐ 血圧の新常識】 …

Image07192107_01-300x169
駆け込みドクター「奇跡のスーパーフード」菊芋・ミドリムシ・川茸

駆け込みドクター!2015年7月19日ナポレオンの村の俳優陣がお医者さんに聞きた …