パステル

パステル

カレーの効果・楽観的と悲観的は遺伝子?ありがとう日記とは?

健康・美容  : PASTEL

 

Sponsored Search

・・・・

ホンマでっか!?TV 2015年10月21日

カラダから幸せになる!嫌な記憶だけ消す食べ物

今日の内容で気になったことをピックアップしてみました。
心理学と健康の密接な関係やコレステロールの新事実。
カレーって、体にも良く、心にも良い、凄い食べ物だったんだ~!と驚きでした。

カレーで嫌なことが忘れることができる!?

<米ハフィントンポストからの情報>

池田先生:ニューヨーク州立大学のラットの研究
カレーのターメリックに含まれる「クルクミン」に嫌な記憶を消す事に関係しているかも知れないのだそうです!

■研究方法:ラットに嫌な音を聞かせ嫌な記憶を刷り込ませ、音を聞くと条件反射で怯えるようになる

・クルクミンを与える⇛あまり怯えなかった
・クルクミンを与えない⇛怯える

このことから、嫌な記憶が消えたのではないかという。もしかすると良い記憶も消えているかも知れない・・・と。

■人間も嫌なことがあるとカレーを食べる?
クルクミンの抗炎症作用が関係しているかもしれないそうですが、人間でも、嫌なことがあった時にカレーを食べたくなる人がいるというデーターがあるのだとか。

PTSDの忘れ方の研究<オックスフォード大学の研究>

植木先生:通常、楽しい記憶、普通の記憶、嫌な記憶は、なだらかな線で記憶が落ちていくのに対し、PTSDの人は、潜伏期間が有り忘れることがなかなか出来ず、ある時少し忘れ、また潜伏期間が有り・・・を繰り返し階段上に徐々に薄れていく。
この階段上に落ちていくために行なった3つの方法

1.カウンセラーと話す
2.薬治療
3.患者同士で話す

この中で、一番効果があったのは、「患者同士で話す」ことだったそうです。
お互いの経験を癒やし合うことがよいと言うことのようです。

コレステロール

武田先生:今年5月に変わったそうですが、コレステロールの摂取を減らしても結果変わらない!

■例えば、体内で100作るとして
・2割程度を食事から摂取
・8割程度を体内で合成

■コレステロールを減らしますが・・・
・1割を食事から摂取
・9割を体内で合成

つまり、一見減ったように見えるのですが、体内では不足分を補おうとし増加します。

人間の体は良く出来ている!
分子技術評論家 山本尚先生(日本化学会 次期会長)
美味しいもの、良い物、好きなものを食べることで体が勝手に調節し、体内にある4000以上の酵素が様々な体の働きを司っている。

ホーソン効果:見られている人はやる気アップ

門倉先生:注目されるとやる気が出て作業効率が向上すると言われています。

植木先生:工場で労働者の意欲を上げるために、職場の温度、明かり、など環境を整えて見たが、効果なかった。
しかし「心理学者が見ていますよ」と教えたところだけは、効果があったそうです。人間は、注目されることでやる気がアップする。

「レスベラトロール」赤ワインで癌になる確率が低くなる

山本先生:ポリフェノールの影響と言われていましたが他にも「レスベラトロール」という成分が細胞のがん化抑制に効果。

血管系の病気になりにくい効果もあり、寿命が伸びるという結果も。

武田先生:つらい思いをしないことでガンを抑制できる

「寝ないで頑張る」=辛いではない
あくまでも本人が辛いかどうかの問題。
少しでも「つらいな~」と思うことでガンは増殖していく。
お医者さんによると、辛いことがあったらまず逃げるべき!
だそうです~

「ありがとう日記」で肯定的な考え方に

自分の人生に価値があると思うと7年間長生きする

澤口先生:思い込めば良い!
おおたわ先生:子供の頃から教えないといけない。イギリスの子供に行なっている「ありがとう日記」。
1日の終りに良いことや感謝を思い出し一言でいいから書く。
「お母さんの料理が美味しかった。ありがとう」
「落し物拾ってくれてありがとう」・・・なんでもOK!
自分の人生に肯定的な考え方になるのだそうです。

幸せな人といると幸せになれる

澤口先生:幸せな人といると「ニオイ(汗)」で媒介され幸せになっていく。
感謝の気持ちをもつ人と一緒にいると、幸福感が高く自分も幸福になる事ができる。しかし、嫌な気持ちも伝わる。

楽観的・悲観的は遺伝子と関係がある!?

<オックスフォード大学の研究>

植木先生:良い光景と悪い光景をランダムに640回見せる実験
・蛇の絵と犬の絵
・雨と青空
・・・
すると、良い物を見るのか、悪いものを見るのかどちらかに目が行くようになります。
・楽観的な人⇛良い光景ばかり注視
・悲観的な人⇛悪い光景ばかり注視

注視対象といい2つの群にわかれる。
つまり楽観的な人は良い物ばかりを探し、悲観的な人は、悪いものばかりを探しているということ。

■悲観的な人に良い光景をみせる訓練
8ヶ月間の間、訓練をした結果、ストレスホルモン値などを計測すると楽観的思考に変わっていた。

遺伝子レベルで説明されて来たことが、トレーニングでかわれるという事がわかったそうです。

遺伝子の話だったとは、驚きましたね~ってことは、親に似るということなんですね。
ありがとう日記は、いいですね♪

  


スポンサードサーチ

菌活美容「コンブチャ」

KOMBUCHA(コンブチャ)

Relevant Article

no image
主治医が見つかる相談所:認知症予防・簡単!フリフリグッパー体操

成果をあげてる「無理なく出来る認知症予防教室」 全国各地で、認知症の改善や予防へ …

花粉症改善 ストレッチ
ホンマでっか「花粉症 解消ストレッチ」で目の疲れ・顔のむくみも改善!?

ホンマでっか!?TV 2016年4月13日 ディーンフジオカさんのお悩み 五代様 …

no image
TVタックル:実は損してるかも!?薬の処方箋と調剤薬局・お薬の手帳

知らないと損!処方箋と調剤薬局   実は、知らないことばかりの薬の話。 …

no image
ニッポン!視察団:歯科削らない虫歯治療法・アプリ版 薬の手帳

世界が驚いたニッポン!スゴ~イデスネ!!視察団 病院&薬局2時間半スペ …

白内障 チェック!予防方法やサプリを紹介
ガッテン!50代から始まる「白内障」初期症状・自己チェック・予防法

白内障・老眼 関連記事 サタデープラス:驚き!白内障手術とは?チェック法と最新の …

no image
ドカ食い!デヴィ夫人・夏樹陽子・道端アンジェリカ 太らない秘密とは?

私の何がイケないの?SP2016年1月18日▼食べても太らない芸能人…39年スタ …

Image06242042_05-300x169
ためしてガッテン・栄養満点! 激甘パプリカお寿司!?レシピ紹介

ためしてガッテン2015年6月24日(水)「ビタミン補給の救世主!パプリカ魅惑の …

no image
関根勤 動脈効果は遺伝による体質が原因 驚きの最新式ステント手術!

サタデープラス 関根勤さん(62歳)心臓の冠動脈の動脈硬化が75%!最新ステント …

イシガキダイ
ドクターG 冷たいものを触ると手のしびれや痛み「イシガキダイ」が原因だった

ドクターG 2016年6月1日 手がずっとしびれている 今日の先生は、色々な地域 …

no image
劇的改善!ガッテン流 最新2015 片頭痛治療・頭痛予防法とは?

2015年10月14日ためしてガッテン頭痛を元から断つSP「脱・頭痛体質」/p> …