パステル

パステル

世界一受けたい:小林先生 自律神経を整える「瞑想トレーニング」とは

健康・美容  : PASTEL

 

Sponsored Search

・・・・

世界一受けたい授業 2016年8月20日 小林弘幸先生 自律神経を整える方法

温度変化に弱く、夏に乱れやすい自律神経。

「交感神経と副交感神経」

■交感神経とは
心拍数を上げ、興奮状態にする。
交感神経が高すぎるとパニック障害になる危険性があります

■副交感神経とは
心拍数を下げて、リラックスな状態にする
副交感神経が高すぎるとうつ病になる危険性があります

このバランスが1:1であることが理想的なんだそうです。

交感神経が上がる原因とは
ストレスなどで、交感神経が高い人が多いそうです。
また、年齢とともに副交感神経の活動量が減ってしまうのです。

小林流 自立神経を整える「瞑想トレーニング」

順天堂大学 小林弘幸先生が、解説してくれました。
先生は、自分で自律神経を整える事ができるといいます。

小林先生の著書「聞くだけで自律神経が整うCDブック」は、77万部の大ベストセラーに。

そして、最新の自律神経を整える「写真を見るだけで自律神経を整える「瞑想トレーニング方法」が紹介されました。

1.姿勢
・椅子に浅く腰掛け、背筋を伸ばす。
・力を抜き手を膝の上にのせます。
・足の裏をしっかり床につけます

2.呼吸を整える
・5秒かけて鼻から吸う。
・10秒かけて口からはきます

これを5回繰り返す。

3.瞑想トレーニング
・先生のカレンダ-には、写真とキーワードが書かれています。

・写真を見ながらキーワードに当てはまるようにドラマのストーリーを作ります。

【例】・冒険 ・発見 ・ときめき
森に冒険に出たらうさぎを発見!一緒に穴に落ちると、ときめくような魔法の国についた

⇛脳を使うので交感神経が高まります。

・次に、ゆっくり目を閉じて考えたストーリーを頭のなかで再生します。
このとき、ゆっくりと穏やかな気持で30秒瞑想でします。

⇛副交感神経が高まり、落ち着いた気持ちになります。

このトレーニングを繰り返すことで自律神経のバランスが整えられるのだそうです。

■このカレンダーは、どこかに人が写っています。人が写っていることで自分に置き換えやすくなります。

冷静になる(副交感神経を高める)簡単な方法

1.指のはらを使って、顔や手をタッピングします
この時、触るか触らないかくらいの強さで行います。

2.ポジティブな言葉を優しくつぶやく!
優しい言葉を言う時には、顔の表情筋が緩みます。
呼吸を安定させます。

  


スポンサードサーチ

菌活美容「コンブチャ」

KOMBUCHA(コンブチャ)

Relevant Article

no image
バイキング:酒井先生が伝授!劇的改善・肩こりとストレートネック

肩こりの原因はストレートネック!劇的に改善!チェック法と改善法 バイキング201 …

no image
l4you・危険「熱中症と夏血栓」前兆の違いを知ろう!麦茶が効果的!

l4you 2015年7月22日「熱中症と夏血栓」 間違うと危険「熱中症と夏血栓 …

61a5h+0LbiL._SL160_
若返り!シワ・シミも解消「顔ヨガ」アンチエイジング:サタデープラス

サタデープラス2015年7月25日【丸山隆平(関ジャニ∞)★「顔ヨガ」で有名な間 …

no image
関根勤 動脈効果は遺伝による体質が原因 驚きの最新式ステント手術!

サタデープラス 関根勤さん(62歳)心臓の冠動脈の動脈硬化が75%!最新ステント …

冷え性改善のツボ殿中
駆け込みドクター大場久美子の漢方外来・のぼせ冷え!舌でチェック

駆け込みドクター!2015年6月21日(日)はじめての東洋医学を学ぶSP 漢方 …

no image
大場久美子・更年期障害で虫歯17本!最新セレックは2日で完治!

私の何がイケないの-tbs2015-03-2 大場久美子・更年期で虫歯17本!最 …

薬用石鹸ミューズは危険!?成分は
米で発売禁止・抗菌石けんは危険!日本は?成分を今すぐチェック!

WBS 2016年9月8日 米のFDAで市販されている抗菌石鹸の一部が発売禁止! …

no image
主治医が見つかる:認知症の予防!自己チェック診断で早期発見!

主治医が見つかる診療所【認知症完全予防スペシャル】2015-3-16 放送 認知 …

no image
世界一受けたい:簡単!家庭菜園ベスト5*トウモロコシもやし?

新しい日本の野菜&藤田式 初心者でも簡単家庭菜園ベスト5 世界一受けたい:201 …

ashi2
モーニングバード・見ただけで分かる動脈硬化・対策にはエヌオー?

2015/03/09モーニングバード・アカデミヨシズミのコーナー 動脈硬化が身体 …