パステル

パステル

たけしの家庭の医学:すぐ太る人!その体質は腸内フローラ!が原因かも

ダイエット, ピックアップ, 健康・美容  : PASTEL

 

Sponsored Search

・・・・

たけしのみんなの家庭の医学2015年3月3日

太る体質のカギは腸内フローラにあった!

腸内フローライメージ

「腸内フローラ」とは?

ラテン語でお花畑という意味で、腸内にある、1000兆個以上あるといわれる細菌が、腸壁に住み着いている様子からそう呼ばれているそうです。

ちょっと食べただけですぐ太る!太りやすい人と太りにくい人の差

太り過ぎのメタボ体型の人は、血管の傷みや詰まりで血流が減少しうつ病になりやすい

<太りやすい差を徹底検証>

Aさん看護師53歳(ジム通い・油断すると太る)

・身長155センチ
・体重52.25K
・BMI:21.7(肥満基準値25)

Bさん主婦53歳(知らないうちにダイエットしている?)

・身長161センチ
・体重57.1K
・BMI:22(肥満基準値25)

◎3日間全く同じ食事をしていつもと同じ生活で検証その結果
・Aさん:53.15k ⇒ 900g増
・Bさん:57.05k ⇒ 100g減少

全く同じ食事なのにこの結果がでた1kの差とは?

慶応義塾大学医学部腎臓内分泌代謝内科教授 伊藤裕先生によると

ある生活習慣に決定的な違いがある、それは快便かどうか?ということ。

 太りにくいBさん:食事後2分後に便がでた!
 太りやすいAさん:3日以上は便秘。検証中は一度も出なかった!

太り体質のAさんは、40年の便秘もち。一方、Bさん便秘をしたことがない。
しかし、3日便秘だとしても1k増えることはない。

ではなぜ?その理由とは_

便秘の人は、腸の中に沢山のばい菌が住んでいてバランスがくずれることが肥満に大きな原因がある。

◎食べなかった事に出来る太田胃散の「桑の葉ダイエット」って??効果や口コミも

◎毛細血管が傷んでいる方は、むくみの原因や老廃物を回収出来ない!?セルフチェック方法や毛細血管を元気にする食材も紹介⇛

腸内細菌とは?

腸内細菌 約1000兆個  ≻ 全身の細胞 60兆個

・100種類以上の腸内細菌が腸の中に広がっている。
・腸の中で活動。(乳酸菌や大腸菌)
・人が消化できない栄養分を分解し吸収できるようにする
・ビタミンやたんぱく質の合成をしてくれる。
・善玉が多いのが健康。

腸内細菌を大きく分けて3種類に分類

1・善玉菌(ビフィズス菌・乳酸菌など)
エネルギーの吸収をコントロールし腸内の蠕動運動を促し、良い働きをする

2.悪玉菌(大腸菌)
食物などを腐敗させたり時には癌の原因ともなる

3.その他の細菌(日和見菌)
その時の環境によって、善玉菌にも悪玉菌にもなる。

善玉菌が悪玉菌より優勢な状態が望ましく、その割合は、
「善玉2:悪玉1:その他が7」が理想的である。

善玉菌が減ることで腸の蠕動運動が悪化し、便秘ばかりかエネルギーの吸収が抑えられず、過剰にためられてしまい、肥満になるという。

腸内フローラが崩れる2大原因とは?

細菌の重さは1K。
大便から水分を除いて残りの半分近くは腸内細菌の死骸

加齢 ⇒腸の細胞は、3日に一回入れ替わる。加齢で入れ替わりにくくなる!
高脂肪食 ⇒悪玉菌は、脂肪が大好き。霜降り肉などはよくない!

便が臭くなったと感じたら、腸内細菌のバランスが崩れている可能性がある
しかし、悪玉も一定の数は必要であくまでも全体でのバランスが大事という。

全身の様々な機能に影響しているということが分かってきた!

肥満以外にも花粉症など、免疫力をコントロールしているので、アレルギー疾患がん動脈硬化自己免疫疾患うつ病など、全身の様々の病に関わっている。

今注目「便移植」

現在では、様々な研究が進められいて、実際に健康な人の便100Gを水で溶き、お尻から注入する方法などが行なわれているといいます。

腸内フローラのバランスを改善する方法とは?

ヨーグルトなどの発酵食品、食物繊維などをとるのは、もちろん。でもそれだけではないといいます。
最近注目を集める「百寿者」と呼ばれる、100歳まで健康で長生きできる人を調査した結果、「理想的な腸内フローラ」だったそうです。

腸内環境と長寿は、大きく関係しているといいます。
特に腸内細菌のバランスが良かった百寿者方の生活を密着!そこから分かった事は?

1.いろんな種類のものを良くたべる

肉や魚など様々な食品。1日に食べる食品の数の理想は30品目と言われています。
しかし、長寿の方は、一日36品目食べていました。
00002

2.お昼寝をする。食後は安静に

食事後は消化のために血流が腸に集中し、腸の動きがよくなり、腸内細菌が活発化します。
腸内細菌にとっては、お昼寝の時間はランチタイム♪
安静にすることで、腸に血流が集まり腸内細菌が元気に育つことができるのです。

3.脳と手先の複雑な作業

「趣味の刺繍」
構図などを考える脳の活性で腸の刺激をしているのだそうです。
腸は脳についで神経が集中しており「第二の臓器」と言われています。

脳と手先の複雑な作業をする事は、脳を刺激し、腸にも良いという。

  , , ,


スポンサードサーチ

菌活美容「コンブチャ」

KOMBUCHA(コンブチャ)

Relevant Article

no image
コレ天 バターコーヒーダイエット 1日2杯飲むだけで 8か月で-15k減!

コレ考えた人、天才!?~2016年2月19日ダイエットの裏技 8か月でー15K! …

no image
主治医が見つかる診療所:名医がやってる尿失禁・前立腺肥大の予防法

尿トラブルの予防法・チェックしてみましょう 主治医が見つかる診療所【尿トラブルを …

紫外線対策
林修今でしょ!講座:16kのダイエット!名医が実践の紫外線対策!

林修の今でしょ!講座 2時間sp 2015年5月26日最新の紫外線対策  関連記 …

アルカリイオン水と水素水の違いってなに?
ちちんぷい 人気の水素水の効果は?水素水で栽培した巨大草津メロン

ちちんぷい 2016年7月14日 水素水の効果!水素水で作った巨大草津メロン ア …

512FJVBM8GL._SY376_BO1,204,203,200_
主治医が見つかる:脳血管認知症の前兆と症状とは?予防法に塗り絵

主治医が見つかる診療所2015年7月27日認知症徹底予防SP第3弾 血流をアップ …

no image
ビビット 松本明子流 腸活「乳酸菌の合わせ技・肛門ツイスト・ツボ押し」

白熱ライブ ビビット2016年2月29日便秘解消に「松本明子流 腸活」乳酸菌の合 …

no image
普段やりがちなNG生活習慣4「首を揉む・きついベルト・寝る前歯磨き」

バイキング 2016年1月25日 大竹真一郎先生と森田豊先生が紹介。 普段何気な …

no image
サタデープラス:名医が教えるスーパー食材「ギバサ」便秘・免疫力UP

長寿と栄養に関するドクターがもっとも注目する食材「ぎばさ」 サタデープラス201 …

ホンマでっかTV
ホンマでっかTV【驚き体質改善】加齢臭対策にオナラ減少方法!

ホンマでっか!?TV【明日から出来る体質改善!ハグの(秘)効果&加齢臭減らす習慣 …

no image
美肌県・島根県民はなぜ肌が綺麗なの?ゲストのお肌年齢をチェック

美肌の多い県とは?美肌県民の生活習慣とは? 美肌といえば、秋田県がだんとつ!?と …