パステル

パステル

金スマ 丸岡いずみ(40歳) うつ病体験(初期症状~入院~克服)まで

健康・美容  : PASTEL

 

Sponsored Search

・・・・

金スマ 2017年7月7日 丸岡いずみ うつ病体験

うつ病の推定患者数は100万人以上と言われているそうです。
また、生涯でうつ病になる人は10人に1人。
女性に多く、男性の2倍。

丸岡いずみさん(40歳) うつ病体験

うつ病の原因は?初期症状をチェック

丸岡いずみさんが、ご自身の1年半のうつ地獄~うつヌケ法を語ってくれました。

まさか自分がうつ病になるとは・・・
兆候が見えたところから回復(うつヌケ)までを時系列を追って紹介します。

うつ病 原因

2011-8-29

20代の頃は、北海道のアナウンサーとして活躍し、29歳で日本テレビの報道記者として中途入社。
その後、ニュースのメインキャスターとして抜擢されることに。

平日は生放送、土日は現地取材など多忙な日々を送ります。

その時のことを丸岡さんは、こう語っていました。

地方局の時は、一般道を自分のペースで走っている感覚だった。
キー局に中途採用され、自分の能力的には、ハイスピードで高速道路を走っている感覚だった。

本では_

まわりから羨望の眼差しでみられてる事をかなり意識していた。
丸岡いずみ像を壊さないようにしながらとにかく頑張ってきたのです。
そういう生き方が普通になっていると、自分では気がつかない小さなストレスにチクチクと・・・

2011年3月11日

東日本大震災が起こった日です。この日を境に、現地取材や特番が増え、これまで以上に仕事は激務になって行きました。

うつ病 初期

兆候1 頭皮に赤い湿疹が出てきた

その時は、忙しく
「髪の毛を洗っていなくて不潔にしていたからかも」
と思って軽く考えていたそうです

しかし、本人が気づかないうちに体に異変が起きていったのです。

兆候2 眠れない日が続く

無気力感や気分の落ち込み、どこでも眠れたという丸岡さんですが、眠れない日が増えていったといいます

兆候3 食欲も減退

兆候4 イライラが増える

その時は、「肉体的疲労」と感じていたそうです。

また、この時期に知り合った今の旦那さん「有村昆」さんは、
この時、丸岡さんがうつの入り口にいたとは思いもよらなかったそうで、
「お腹の調子が悪いから気分がすぐれない」
のだと思っていたそうです。

まわりも忙しく、自分だけが弱音を吐けない。
この段階でも、本人は、うつには気がついていないのです。

誰にも相談せず、一睡もできない状態が1週間続いたそんなある日の事。

2011年8月29日 民主党の代表選挙の日

いつものようにリポートをしてたそうですが、体調が悪く、冷や汗が止まらず8月なのに悪寒がし、ホッカイロを体に貼って仕事を続けたそうです。

スタジオに戻っても、うまく言葉が出てこない、頭が機能していない感じだったそうです。

そして、その日の収録が終わって、
「休みをください」
と上司に告げ、長期休暇をとり、徳島の実家へ帰りました。

知人の紹介で病院へ「うつ病と診断」

病院へ行った丸岡さんに告げられたのは「うつ病」

当事は、
「うつ病は、ネガティブな人、弱い人がなる病気だ」
と間違った偏見があり受け入れる事ができず、診断を聞いてショックだったと言います。

うつ病への偏見

うつ病の偏見はありますか?という問に偏見がある方は半分以上
・サボり、ダメ人間、わがまま、怠け者・・・
世間では、うつ病を正しく理解されていないのです。

また、うつ病の4人に3人は治療を受けていないという調査報告も

ニュースキャスターとして、
「うつ病にならないように気をつけましょう」といっていた
しかし、そういう本人がなってしまったのです。

「薬に頼らなくても、少し休養すれば治る」

病院では、抗うつ剤、睡眠導入剤を処方されるも、
「精神科の薬は、強すぎて、人格まで変わってしまうのではないか」
そんな怖い思いもあって、薬を飲まずに捨ててしまったのだそうです。

これが大きな間違いだったようです。

休んでも一向に体調は良くなることがなく、更に悪化していきます。

・テレビ、音楽、本も読めない。
・何もやる気が起きない。
・睡眠障害
・味を感じない
・倦怠感で体力の低下
・階段を登るのもやっとの状態
・過覚醒
カーテンからの光や車の排気音、小鳥のさえずりなど、ちょっとした刺激が苦痛になっていきました。

過覚醒とは

緊張感が続き、神経が過剰に反応し過敏になっている状態

ネガティブ思考

チューリップが好きだったとして、チューリップをみたらテンションが上がるとします。
しかし、ちゅーりっぷは「嫌いな◎◎さんが好きな花」「赤は血の色」などと考えるように。

・心配した有村さんからのメールは、「ほんとはストーカー?」
・こうなったのは、お母さんに「ヒ素をもられた」と病院の先生へ訴える

・自殺願望
この状況から救われる方法が見つからない
死んだほうがマシそう考えるようになっていきました。

うつ病 治療

一日一日なんとか生き抜いたそんな毎日だったそうです。

過換気症候群

自宅に戻って3ヶ月たったある日の事、ストレスによる呼吸困難に陥り、精神病病院へ入院することになってしまいました。

睡眠障害、自殺願望、呼吸困難と重度のうつ病になっていたのです。

精神病院へもネガティブな印象をもっていたそうですが、ここでは、飲まなかった薬も決まった量を飲まなくてはいけないし、捨てることもできない。
薬を飲み始めると、意識が遠のき、漂うような感覚が続いたそうです。

その時にことをこう語っていました
・眠れている感覚もなく
・現実感がない

2週間後、薬の作用がうまくいき、熟睡できるようにまで回復しました。

入院前は、お粥を一口しか食べることができなかったそうですが、食欲も回復。
下痢も止まりました。

2週間で一気に感覚が正常化してきたといいます。
「休息だけでは無理」だったのです。

退院できるまでに回復したのですが・・・
うつは完治できたとおもっていたそうですが、しばらくして、またうつの症状が現れたそうです。

うつ病 克服

うつ病の回復まで丸岡さんの「うつヌケ」方法

診断から1年半、結婚披露宴を出来るまでに回復しました。

うつヌケ1「○○をしなきゃいけない」をやめる

退院後も時々、体調がが優れなくなることもしばしば。
睡眠導入剤の服用でしっかりと睡眠をとりゆっくり眠ることを心がけた。

眠る時間や起きる時間を気にせず、8,9時間の睡眠をとり、早寝早起き、規則正しくしなくてはいけないと考えると、余計にストレスになると思いやめた

食事は好きなものを好きなだけ食べる。
細かく決め事はしなかった

栄養を気にしすぎると、ストレスになる可能性があるため
冷凍食品のたこ焼き、うどんをよく食べていた

うつヌケ2「自身のうつ病を受け入れる」

診断直後、自分のうつ病を認めたくなく、周囲に隠そうとしたいたのをやめた。

ある日、週刊誌をみたら自分のうつ病の記事がのっていた。
それ以来、開き直って友人に話すように。

自分が偏見を持っていたため、まわりに打ち明けられなかったが、自分で受け入れ、親しい人に話すことで暮らしやすくなった。

仕事
仕事も、自分のペースを保ちながら、ドーンと再発しないようしている

いまでは、個性の一つとして受け入れ、自分のペースに合った生活をしている

うつヌケ3「素直に相談できる相手を見つける」

一方的に容態を訪ねてくる連絡は正直煩わしかった。

周囲の人が気を使って、心配しすぎは、それが重圧となって症状も悪化することが多い。

両親のありがたい対応

丸岡さん:「もう無理、食べられない」と言うと、
お母さん:「昨日より食べられたじゃない」

丸岡さん:「もう死にたい」と言うと、
お母さん:「大変ね~」

まわりが病気の一つとして見守ってくれたら、気兼ねなく、体調を相談できる。

こうして、鬱を克服した丸岡さん。
今の丸岡さんは「寛解」。
日常生活を普通に送れるように回復しています。

頑張りすぎず、自分のペースというのが、克服への鍵なのかもしれませんね。
いはいえ、悩み事は自分だけでなく家族などの事も関わってきます。
難しいですよね。

丸岡さんのように、重度になる前に病院へ行くのが最前のようです。

「うつヌケ」の作者田中さん「再発防止のある法則」

田中圭一さん17人のうつ脱出体験を出版した方です。
この方もゲストとして出演されていました。

気温差で症状が変わる

ご自身もうつを抜け出したいと毎日、その日の気分のうつが重い、軽いをメモしそれをデーター化してグラフにするとある法則が見えてきたそうです。

それは、「3,5,11月に気持ちが落ちていた」という事。

これに共通するのは、1日、週の気温差が10度位あり、季節の変わり目であるという事。

そうです季節の変わり目に悪化ししていたというのです。

天気予報で、気温差が大きいとわかると自分で「くるかも・・・」
と前提に置きながら仕事を切り上げるなどの対処を予め行っていくという。

グッドナイト27000(機能性表示食品)

うつ病の原因となるのは、「環境の変化」

すなおクリニック 内田直先生によると_

厚労省によると、40代女性が一番多く、次に60代の女性に多く発症。
40代になると、仕事では責任ある役職についたり、子供の独立など公私共に環境が変わることが多く、さらに更年期障害なども加わり、うつの引き金になってしまうことがあるといいます

また、60代では、定年退職により生活が一変、夫婦の時間が増える事や親の介護問題など環境の変化が起こる年代でもあります。

自律神経の乱れ

自律神経とは、無意識のうちに体の機能をコントロールしている神経の事。
睡眠障害、食欲不振、イライラなどを起こしてしまう

うつ病チェック

2週間以上続いたら、うつ病のサインです。

1.悲しい 憂鬱な気分
2.何事にも興味がわかず楽しくない
3.疲れやすくて元気がない(だるい)
4.気力、意欲、集中力の低下を自覚する
(おっくう、何もする気がしない)
5.寝付きが悪く、朝早く目が覚める
6.食欲がなくなる
7.人に会いたくなくなる
8.夕方より朝の方が体調が悪い
9.心配事が頭から離れず、堂々巡り
10.失敗や悲しみ、失望から立ち直れない
11.自分を責め、自分は価値が無いと感じる

うつ病は「脳」の病気

うつ病の診断は、主に問診によりますが、近年では、脳の状態を測定することでより確実に「うつ病」を診断が確実になっているそうです。

メディカル虎ノ門 五十嵐 院長

光ポトグラフィーという検査を補助診断に使用しているといいます。
光ポトグラフィーとは、脳の血流を測定し、うつ病の診断補助ができる機械の事。

(例)
「あいうえお」などの簡単な言葉を繰り返した状態から、頭文字から単語を連想させるように脳に負荷をかけていきます。
この時、血流がどのように変化するかを測定

うつ病は脳の血流が下がる脳の病気

健常
負荷をかけた時から血流量がアップし次第に戻ります

うつ病
変化があまりあらわれない

大脳皮質は感情意欲などをになるところですが、働きが悪くなるそうです。

  


スポンサードサーチ

スポンサードサーチ

Relevant Article

no image
駆け込みドクター:老化を促進「糖化」とは?名医が教える「顔ヨガ」

最近のきになるワード「糖化」について、駆け込みドクターで紹介された内容から気にな …

気象病・低気圧の時の体の不調に効くツボ内関
世界一受けたい授業:気象病・天気が悪いと痛む・予防法とツボ

世界一受けたい授業2015年4月18日佐藤 純(さとう じゅん)先生 &#822 …

usuge6-300x222 (1)
解決スイッチ!名医が教える「薄毛の予防と解決法」髪に良レシピ

2015年4月7日沢田亜矢子が薄毛の悩みをカミングアウト!女性の薄毛予防に良い「 …

Image01122205_05
心臓の衰えに効果!奥園流 鉄分レシピ「切り干し大根と油揚げのゴマ和え」

たけしの健康エンターテインメント!みんなの家庭の医学2016年1月12日先取り健 …

no image
主治医が見つかる:認知症の予防!自己チェック診断で早期発見!

主治医が見つかる診療所【認知症完全予防スペシャル】2015-3-16 放送 目  …

no image
ヒルナンデス 最新の進化系!快眠グッズランキングを紹介!

ヒルナンデス! 2016年2月29日快眠グッズ  目 次 通販でバカ売れの最新快 …

山下シェフ直伝もち麦ハンバーグ
ノンストップもち麦ダイエット2週間で-1.9k・レシピ「おからハンバーグ」他

ノンストップ2016年6月29日 話題のもち麦ダイエット 本当に痩せられる?? …

no image
メレンゲの気持ち 北斗晶の免疫力アップ!自家製甘酒の作り方

メレンゲの気持ち 2017年2月11日北斗晶流 自家製甘酒作り方 関連記事 メレ …

マイボーム腺
林修の今でしょ!講座・近視・老眼・ドライアイ「名医がやってる対策」

林修の今でしょ!講座2015年3月3日 目 次 林修の今でしょ!講座「近視」「老 …

no image
駆け込みドクター:尿トラブル改善!骨盤底筋スクワットを紹介

目 次 尿トラブル・原因・改善スクワット頻尿麻木久仁子さんの尿トラブル「心因性頻 …

CATEGORY

100均グッズ
アンチエイジング
お取り寄せ
お金・節約・収入
がん
コスメ
シンガポール
スポーツ
ダイエット
つくれぽ
バリ島
ピックアップ
ファッション
メイク
ライフスタイル
人気のフード・レシピ
人気雑貨・グッズ
健康・美容
台湾観光
大腸・小腸・胃
恋愛
掃除・片付け
教育・子育て
日本の島
睡眠
肩こり・腰痛・膝痛
腸内環境
血管・脳
観光・グルメ
韓国ソウル
香港
鼻・耳・喉