パステル

パステル

この差って何ですか?牛乳の旬?薬の秘密?鶏の年齢が卵の大きさ?

ライフスタイル, 人気のフード・レシピ  : PASTEL

 

Sponsored Search

・・・・

この差って何ですか?SP2015年5月10日

 

この差って何ですか?

生活の中で考えたこともないけど、考えたら不思議なことなどが紹介されました。

同じメーカーの牛乳なのに金額の差があるのは?

これは、乳脂肪分の量の差。
牛から絞った生乳を置いておくと上に溜まる脂肪分。
 

Image05102056_01

 
高い牛乳
・成分無調整=有脂肪分3.7%以上
 生乳を殺菌したものをそのまま。コクと甘みがある。
 

安い牛乳
・成分調整牛乳=有脂肪分1.6%
 生乳を殺菌し、乳脂肪分を取り除く。
 

更に安い牛乳
・低脂肪分=乳脂肪分1.5%以下のもの
 

わざわざ手間がかかっているのに成分調整牛乳はなぜ安いの?
乳脂肪分は、バターや生クリームを製造し販売するので安く提供できる。
しかし、飲んでもあまり差が感じられないのは、企業努力なのだとか。

さらに、もっと差がある低温殺菌と高温殺菌

同じメーカーで成分無調整だけど、殺菌方法で金額も変わってくる。
 

Image05102057_02

 
低温殺菌とは?
タンクで殺菌。
温度は、30分の間、65度で殺菌する。
絞りたてに近い味。
 

高温殺菌とは?
パイプで殺菌
温度は120度。パイプを通る事で、殺菌する。
賞味期限が2週間の長期保存が出来る
 

味の差は、はっきりと違いが出るようです。

牛乳の旬がある!美味しい季節とは?

季節によって味に差が出る。
美味しいのは、冬。
暑さに弱い牛は、冬に脂肪分を蓄え、乳脂肪分も上がるのだとか。
なので冬が一番美味しく濃厚な牛乳を味わえる季節。

卵のサイズMとLの差って?

Image05102107_02

Image05102107_01

卵を産むときの年齢の差。
卵は、卵巣で卵黄が作られ、排卵され卵管を下る。
この卵管が卵のサイズを決める!
卵管では、卵白が分泌され卵黄の周りに付着。
生後4ヶ月くらいだとまだ細く、卵白の分泌量が少ないので、Sサイズの卵が生まれる。
 
S:生後4か月~5か月
M:生後6か月~1年
L:生後10か月~2年
LL:生後1年以上
 
外見は、鶏の大きさは違いが見えないが、実は卵管の太さで卵の大きさで変わってくるのです。
大きな卵は、白身が増えるだけで、黄身の大きさは変わらない
 
白身の量の違いは約9G。
 
LLサイズは、メレンゲや茶碗蒸しなど白身を多く使う料理に向いている。
Sサイズは、目玉焼きやスクランブルエッグなど黄身が多く使う料理に向いている。

Image05102112_02

赤い卵と白い卵の差

この差はまったくない!
色だけの違いで栄養や味には変わりはない
 
■赤い卵の中でも色に差があるのは?
 
濃い赤:暗いところで育った鶏
薄い赤:明るいところで育った
 
大手スーパーでは、赤い卵の方が人気のため、シェルカラーファンを使って、色を指定しているそうです。
 

Image05102115_01

Image05102114_01

 

平成元年と平成27年の間の差

  

道路の「止まれ」表示

平成10年より、漢字に統一するように変わった。
これは見て分かりやすいように。

道路の標識案内

Image05102119_02

平成25年から変わった
外国人の方にも伝わるようローマ字表記から英語表記へ

トンネルの照明

平成11年から変わった
昔は、排気ガスがすごかったので先が見渡せるように赤っぽい色だった。現在は排気ガスが少なくなったので、白っぽく変わった。

霊柩車

Image05101934_02

平成6年から変わった
和風の派手なデザインから洋風なシックなデザインへ変わっていった。
縁起が良くないとの火葬場の近くの人たちからの申し入れで、一見、霊柩車と分からないデザインに変更。
火葬場への乗り入れを廃止する条例も定められた。
 

今では、全体の8割がこの霊柩車なのだとか。

同じ種類の薬なのに1日2回と1日3回の差

Image05101941_01

Image05101940_02

1日3回服用の薬には、
胃で全部とけて腸へ運ばれる
 
1日2回服用の薬には、
胃で半分とけて腸で半分解ける。
 
時間差で効くように出来ている。

Image05101943_03

Image05101944_01

 
カプセルでは、
白は早く解ける
オレンジはゆっくり解ける
 
なぜ1日2回を作ったの?
1日3回飲めない人のために作られた。
 

Image05101944_05

濁ったりんごジュースと透明なりんごジュースの違いは?

Image05102129_01

Image05102133_01

食物繊維を取り除いているかどうかの違い。
透明=繊維を取り除いたもの
 
製造方法
皮をむいた状態でおいておくと茶色になる(渇変)
見た目には、美味しそうではない。
食物繊維を分解する酵素を入れると透明になっていく
それをろ過すると、綺麗な色になる。
 
濁ったりんごジュースは変色しないの?
ビタミンCを入れると、酸化防止になる。

猫舌と猫舌じゃない人の差って何?

Image05102141_01

Image05102139_01

飲んだり食べたりするときの舌の使い方で違う。
舌の構造や温度は、個人差ってほとんどないのだとか。
舌の先は、温度に敏感。奥のほうは、温度は鈍感。
 
猫舌の人
熱いものを食べるとき、舌先を前に出してしまう

 
猫舌ではない人
舌先を前歯で隠すように丸めている。舌の先に当たらない。
 

Image05102141_02

 
両親が猫舌だと子供も猫舌の場合が多い。
熱いものが食卓に出ない傾向があり、舌の使い方を学習できず成長してしまうそうです。
遺伝ではなく環境なのだとか。

平仮名「へ」カタカナ「ヘ」そっくりな理由は?

見た目に違いはない!

Image05102147_01

 
・平仮名は、漢字全体を崩して出来たもの。
「部」の一部分が由来になっているが、実は、省略して漢字が使われていた。

 
・カタカナは、漢文に送り仮名、振り仮名をつけるのが始まり。
漢字の一部を簡略化した文字。
「部」の右側を簡略化
 
「り」「リ」は?
「利」が元になっている。
平仮名は、通常通り全体。
カタカナは、一部。

Image05102152_01

Image05102151_01

「無臭にんにく」と「にんにく」の差って何?

Image05102156_01

Image05102044_02

無臭にんにくは、にんにくではない!
 
ジャンボリーキという「西洋ねぎ」。
 
普通のにんにくは花を咲かせないのに、無臭にんにくは花を咲かせる。
同じネギ科で、味が似ていて、アリシンが含まれているから無臭にんにくを呼ばれるようになったのだそうです。
 
しかし、アリシンはにんにくの1/60。無臭にんにくには、スタミナ効果は期待できない。
 
無臭にんにくには「サポニン」という成分が豊富で、アルコールの吸収やコレステロールの吸収の抑制の効果が期待され、肝臓を元気にするといわれています。

 

  


スポンサードサーチ

チョコラBBでおなじみのエーザイ

Relevant Article

Image03121858_01
ジョブチューン 崎陽軒シウマイアレンジレシピ「シウマイの炊き込み御飯」

ジョブチューン 2016年3月12日 崎陽軒のシウマイのアレンジレシピが紹介され …

248811
ソレダメ!常識・非常識!お風呂のダメ!シュークリーム食べ方・・・

知らなかった!常識だと思っていたら非常識だった?? ソレダメ!~あなたの常識は非 …

Image03011058_02
ノンストップ 笠原レシピ「ハマグリのちらし寿司」シンプルに贅沢に♪

ノンストップ 2016年3月1日 賛否両論 笠原将弘シェフ まかないレシピ 笠原 …

Image05092314_01-300x169
出没!アド街ック天国:上板橋ベスト20!激盛400円・激安な卸肉屋

出没!アド街ック天国~超激安の名物商店街 上板橋~2015年5月9日全品400円 …

Image07242159_02-300x169
奥さま1万人:料理のお悩み解決!コンビニ活用で超時短レシピを紹介!

奥さま1万人総選挙2015年7月24日 奥様の料理の悩みを解決!コンビニ大活用術 …

no image
主婦のお悩みランキング5:Yシャツ襟汚れ防止・靴の匂い消し レモン水

コレ考えた人、天才!?2015年12月11日~今すぐ役立つ生活の知恵~主婦200 …

ダウンロード
ノンストップ:電子レンジで使う圧力鍋!「マイヤー」が大人気!

ノンストップで紹介された電子レンジで使う圧力鍋「マイヤー」 とっても便利そうだっ …

image11082230_01
日本人妻 金子貴俊流 自家製食べるラー油の作り方・水餃子のコツ

日本人妻は見た!金子貴俊さんが台湾で水餃子!自家製ラー油作り方 金子貴俊流 旨み …

no image
ヒルナンデス|便利グッズ紹介!掃除・調理グッズ・梅雨対策にも!

ヒルナンデス!2015年7月7日ホームセンターで便利グッズ探すンデス!家事のお悩 …

ココナッツミルクは、オイルよりヘルシー
L4YOU!オイルよりおすすめ!ココナッツミルクの効果と摂取法

L4YOU!『長寿の秘訣!ココナッツミルク』2015年5月27日 ココナッツオイ …