パステル

パステル

モーニングバード・見ただけで分かる動脈硬化・対策にはエヌオー?

ピックアップ, 健康・美容, 血管・脳  : PASTEL

 

Sponsored Search

・・・・

2015/03/09モーニングバード・アカデミヨシズミのコーナー

動脈硬化が身体を見ただけで分かる症状!対策の鍵は「エヌオー」!?

自覚症状が無いので沈黙の暗殺者といわれる「動脈硬化」徹底研究。
40年のキャリアの血管のエキスパートと呼ばれる

都庁前血管外科・循環器内科 重松宏 博士が教えてくれました。

動脈硬化とは、石のようになるのばかりではなく、加齢や脂質によって溜まったコレステレールで血管がグスグスになる状態も動脈硬化という。脳梗塞や心筋梗塞大きな病気になる前にチェック!

こんな異変はない?見た目で動脈硬化が分かる!診断チェック方法

耳たぶのしわ

●70代の主婦:右耳だけにしわがあった女性の症例では_

耳には沢山の毛細血管があります。

動脈硬化 ⇛ 血行不良 ⇒ 痩せて栄養不足 ⇒ しわ

これが、耳たぶにしわができる原因。

まぶたのコブ

高脂血しょう、コレステロールで処理できなかった脂肪が柔らかい皮膚のところに溜まってしまう

アキレス腱

●60代主婦:コレステロールが異常に高かった女性の症例では_

アキレス腱のところに処理できなかった脂肪が溜まり足首が太くなって行く
アキレス腱が2センチ以上ある人は要注意

動脈硬化になりやすい人

動脈硬化になりやすい人は遺伝要素もあります。2親等以内に脳梗塞や心筋梗塞がいる家系

家族性高コレステロール血症という、遺伝要素が強く関わっているといいます。
遺伝的にコレステロールの高く、2親等以内に脳梗塞や心筋梗塞がいる家系は要注意だそうです。

◎世界一受けたい授業 コレステロールは1種類!危険な人・予防と食品は?⇒

動脈硬化を対策と防止・改善方法!

■予防としておすすめの方法
血管をやわらかくする事
血流を増やすこと!

「NOエヌオー 一酸化窒素」の効果とは

最近注目の「NO(エヌオー 一酸化窒素)」という物質に関係があると言われ、このエヌオーには、「血管を拡張・柔らかくする作用」がある事がわかってきたのです。

このエヌオーは、血流を増やす(速く)すると内皮細胞が刺激されて一酸化窒素が放出されるという仕組み。
そして、一番簡単で効果があるのは運動であるといいます

NO発生簡単体操

1.立って椅子の背もたれに手をかける
2.つま先に力を入れる。
3.ゆっくりかかとの上げ下げをする

朝晩に30回。ふくらはぎの筋肉を意識すること!

エヌオーは、血流を増やす!アキレス腱運動で動脈硬化予防

ふくらはぎは、第二の心臓といわれ、ふくらはぎを動かすことで4倍から8倍の血流が増えるといわれています。
加齢でだれでもおこりうる症状ですが、簡単な体操で予防が出来るならおぼえておいて損はないですよね。
待ち時間やバスの中、座りながらも出来そうです♪


  , ,


スポンサードサーチ

朝塗れば、1日中顔汗知らず♪

顔汗訴求 

Relevant Article

no image
最強の健康食材「マキベリー」スムージー・玉ねぎ皮茶レシピを紹介

血液サラサラの2大スーパーフード バイキング2015年11月24日 ポリフェノー …

脇の下を揉む
それダメ 首を寝違えた時は冷やす?もっと簡単!原因と治し方

それダメ 2017年1月11日 寝違え解消方法 それダメ記事 ソレダメ宮尾シェフ …

甘いものは冷える
冷え症の原因「甘いもの」は体を冷やす?食べ方で便秘も改善

甘いものは冷える 冷え性だけど、やっぱり甘いものは、やめられない! これを知れば …

朝日放送|みんなの家庭の医学|過去の放送内容
たけしの名医*血糖値 が下がる驚きの方法!!血管若返り温泉

名医が認めた新効果!カラダ(秘)老けないSP 温泉で血管若返り! たけしの「名医 …

便秘おなら
たけしの家庭の医学:すぐ太る人!その体質は腸内フローラ!が原因かも

たけしのみんなの家庭の医学2015年3月3日 太る体質のカギは腸内フローラにあっ …

no image
世界一熱中症対策「経口補水液の作り方・インターバル速歩・牛乳」

世界一受けたい授業 2016年7月9日熱中症 熱失神とは?「経口補水液」作り方 …

Image02292158_01
深イイ話 芸人 関好江さん。15年の研究で考案した「開運飯」とは?!

人生が変わる1分間の深イイ話 2016年2月29日 開運飯 芸人界で知らない人は …

no image
家庭の医学:物忘れが少ない鹿児島県・オリーブオイルヨーグルト?!

たけしの健康エンターテインメント!みんなの家庭の医学2015年7月7日 病が少な …

引用:http://www.ncc.go.jp/jp/information/press_release_20160120.html
直撃LIVE グッディ がんの10年生存率が発表。部位で大きく変わる生存率

直撃LIVE グッディ!2016年1月20日、国立がん研究センターががんの10年生存率が発表しました。胃がんや大腸がんは、ほとんどの差がないのに対し、乳がんと肝臓がんは、5年と10年では大きく差がてており、再発リスクが高いことがわかります。

no image
バイキング清水宏保流「ながらボディーメンテナンス」腰痛改善法!

バイキング2015年6月26日(金) ▼五輪金メダリストの腰痛ボディメンテナンス …