パステル

パステル

仰天ニュース 認知症(ピック病)40代で発症した夫と妻の介護・初期症状

健康・美容, 血管・脳  : PASTEL

 

Sponsored Search

・・・・

ザ!世界仰天ニュース 2016年6月1日 認知症:優しいくて子煩悩夫が・・まるで別人になった

脳の病「認知症」が原因で人格が変わる

認知症は、世界で770万にづつ増加しているといいます。2030年には、倍になるのだそう。

認知症の種類

■前頭側頭型認知症 10%以下
前頭葉が萎縮すると、感情の抑制が効かないので怒りっぽくなったりする。予防方法は、無い。
罪悪感の自覚がない

■アルツハイマー病 70%
罪悪感の自覚がない

■レビー小体型認知症 10%
⇛運動コントロール、初期に幻覚

40代前半で認知症を発症したご夫婦の30年間が紹介されました。

埼玉県 ご夫婦:認知症を発症した夫・壮絶な30年間

■最初の異変 1980年頃

業界紙の営業マンとしてバリバリ働いていた夫。

営業から帰ると、手と顔を洗うことから「くまさん」という愛称で親しまれていた。

趣味は、将棋。

ある日のこと、将棋道場ではじめて負けた。そして何度やっても勝てない。

家に帰ると奥さんに愚痴をこぼす_

この頃から、声を荒げる用になっていったといいます。

ある日のこと、別の将棋道場で全く勝てなく、対戦相手に襲いかかり暴れてしまい、警察にお世話になることに。

夫婦の共通の趣味は「ゴルフ」だった。

やがて、イライラを繰り返すようになっていった。

■2年後 夫が50歳

最近、耳鳴りがするという夫を病院へいきMRI検査を受けるも、異常がなかった。

老化による初期症状という診断。

しかし、言葉が聞こえにくくなっていた。

耳鳴りが始まった頃から、お風呂が急に面倒になっていた。

文字が読めるが、単語の意味がわからなくなっていた。

夫は、妻に内緒で再検査を

うけると「軽度のうつ病」と診断。

当時のMRIでは、精度が低く、異常は見つけることが出来なかった。

薬のせいで、眠気が襲うようになる

会社では、約束や締め切りも忘れてしまい、信頼も失っていった。

■5年後 55歳

夫は、すぐに書かなければ忘れてしまうと、そこら中の紙に書き留めていたが、次第に字も書けなくなっていた。

子供は、独立し、2人暮らしに。

定年を前に、会社を退職した。

近所の手前、会社に行く時間にスーツを来て出かける

奥さんは、市役所で働き始める

ある日、上機嫌の夫は・・・

「乾電池とボールペンを万引きしてきた」という。

とってきたから俺のものだと言い張る。

盗みを何度も繰り返し、ついに警察に。

こんな生活はつかれたと絶望で先が見えない妻は、「離婚してください」「死んでください」と言い出した。

■1995年 

取り調べの警察官から精神科の専門医をすすめられた。

医師からは、脳の萎縮が見られるので「痴呆症」ではないかと診断される

<2016年に痴呆症は認知症に変わった>

専門病院で診断した結果「ピック病」

40代~50代に見られ、脳の前頭葉、側頭葉の萎縮。

この病気は、物事を効率よく組み立てられなくなり、、言語障害なども。

主婦が発症したら、料理ができないなどの症状が出る

人格の変化、行動異常を起こす

若いため、進行が早く、問題行動が多くなり、自宅での介護が難しい。

良くなることは無い。

正しい看護とカウンセリングで緩和することがある

会話中、はじめて夫を怒ってしまった、

夫は、妻の首を締められ殺されそうになった。

病院へ駆け込む。

強制入院となった。

2週間後、面会が許されない。

入院した夫は、笑顔だった。

週末に好物をもって通う。

その後、特別養護老人ホームに入所

新しい症状1 「異食」

手に触れたものを何でも口にする。

自分の髪の毛を飲み込んでしまっていた。

新しい症状2 「失語症」

言葉が出なく、奇声を上げるようになった。

再入院となった

薬で異食が落ち着くと老人ホームへ。

■入所9年 73歳で亡くなった

30年支えた妻は、認知症の家族の会でサポートや講演活動をしていると言います。

  ,


スポンサードサーチ

朝塗れば、1日中顔汗知らず♪

顔汗訴求 

Relevant Article

帯状疱疹 症状
ためしてガッテン:3日以内がカギ「帯状疱疹」超・早期発見方法

ガッテン2015年7月8日「3人に1人が激痛・帯状疱疹!超早期発見方法 関連記事 …

Image04281059_02-300x169
主婦トピ:ココナッツオイル「パスタ・ココット」ノンストップ

ノンストップ!2015年4月28日 主婦トピ ココナッツミルク&オイル 主治医が …

ホンマでっかTV
ホンマでっかTV【驚き体質改善】加齢臭対策にオナラ減少方法!

ホンマでっか!?TV【明日から出来る体質改善!ハグの(秘)効果&加齢臭減らす習慣 …

Image06281047_01
世界仰天ニュース 腐りやすい弁当のおかずワースト5(食中毒対策)

世界仰天ニュース 2017年6月27日 (食中毒 対策)夏場に危険「腐りやすいお …

no image
1週間で劇的変化!毛細血管の老化はシミ・シワシの原因!シナモン予防

健康カプセルゲンキの時間 2016年10月23日 血管若返り 大阪大学 高倉伸幸 …

Image05180048_02-300x169
駆け込みドクター認知症予防と最新研究!アマニ油のレシピと使い方

駆け込みドクター!2015年5月17日 認知症最前線!目からウロコの新常識SP! …

no image
主治医が見つかる:体の歪みを改善法!認知症・肩こり・腰の痛み予防

主治医が見つかる診療所2015年6月29日(月)【体のゆがみ改善法SP~やせる& …

no image
バイキング 脅威のベリーの健康効果「薄毛・便秘・シミ・ダイエット」

バイキング2016年1月14日ベリーの美的効果 ブルーベリーやラズベリー、ストロ …

うつ病性仮性認知症の症状や改善予防・血流アップ法
バイキング えごま油の正しい食べ方とは?間違うと毒になる!?

慶応大学 井上先生伝授!正しいえごま油の食べ方 バイキング2015年11月17日 …

no image
駆け込み:怖い病気かも!目のピクピク・吹き出物・虫歯・顔の歪み

放っておくと危険な顔の症状 駆け込みドクターで紹介された内容から気になる情報をピ …