パステル

パステル

家庭の医学 動脈硬化・悪玉コレステロール「大麦の健康効果」慈恵大学レシピ

健康・美容, 血管・脳  : PASTEL

 

Sponsored Search

・・・・

たけしのみんなの家庭の医学 2016年6月14日『大麦』動脈硬化予防・悪玉コレステロールを減らす食材

50代以上の3割の方に、悪玉コレステロール過多など脂質異常の疑いがあるのだといいます。

東京医科大学病院 椎名一紀先生が紹介してくれました。

動脈硬化予防&悪玉コレステロール減少「大麦の健康効果」

動脈硬化の予防に大麦が良いのだそうです。
食生活に取り入れる慈恵大学病院のレシピや、摂取目安など紹介されました。

動脈硬化の原因の一つ「悪玉コレステロール」

血管に悪玉コレステロールが溜まり動脈硬化になると引き起こされる深刻な病気がたくさんんあります。

脳の血管が詰まることで起こる脳梗塞や心臓の血管が詰まることで起こる心筋梗塞など。

血管は、加齢とともに固くなり、傷つきやすくなっています。
血管の内側には、悪玉コレステロールが侵入し、プラーク(脂のかたまり)を作ってしまいます。

■プラークが出来る理由
・暴飲暴食などの乱れた食生活
・運動不足 など

年間31万人が、脳疾患や心疾患でなくなっているのだそうです!

大麦の健康効果

大麦には、悪玉コレステロールを下げる働きがあることが分かってきたのだそうです。

海外でも、研究成果が発表され、世界各国で健康効果が認められているといいます。

アメリカ、カナダでも世界的に認められてきた

<2004年 アメリカ農務省の研究報告>
◎30~50代の悪玉コレステロールが高めの人を対象
◎悪玉コレステロール値:5週間で13.8~17.4%減少

<2007年 アメリカ ミネソタ大学の研究報告>
◎悪玉コレステロールが高めの人155名を対象
◎悪玉コレステロール値:6週間 9~15%低下

600以上の研究論文が発表され、健康効果が認められている

明治時代からわかっていた「大麦の健康効果」

■徳川家康 
75歳まで長生きをした家康は、主食として大麦を食べていたそうです。

■海軍軍医 高木兼寛 「海軍カレー」
明治中期、海軍内で脚気が流行し、病死者が続出したことで海軍の軍隊食として「海軍カレー」を採用し、脚気が撲滅されたそうです。

その成果が讃えられ、「麦飯男爵」と呼ばれるように・・・
その高木兼寛さんが創立した「慈恵大学病院」なのだそうです。

大麦の健康成分・効果「大麦βーグルカン」

大麦に含まれる大麦βーグルカン(食物繊維)は、コレステロールを材料とする胆汁酸を体外に排出してくれる働きがあるのだそうです。

<メカニズム>
・腸に入ると水にとけ、水分を抱き込みゲル状に変化
・胆汁酸を包み込み、便と一緒に体外へ排出
・・・すると

肝臓では、足りなくなった胆汁酸を補おうと、血液中のコレステロールを集めて、新たに胆汁酸を作ります。
・・・・結果 血液中の悪玉コレステロールが減少

■動脈硬化予防<血糖値の上昇を抑制>

食後の血糖値を抑える効果があるといいます。

白米を食べた時の血糖値は、45分をピークに2時間で戻ります。
炭水化物の摂り過ぎや肥満の方は、血糖値が上がったままになり、動脈硬化のリスクが上がります。

大麦を3割混ぜたご飯では、上がり方が緩やかで白米より低く保ってくれるのだそうです。

<血糖値の上昇を抑える仕組み>
大麦βグルカンが糖質と混ざり合い、消化吸収を緩やかにしてくれる効果があると言われているそうです。

■1日の摂取量目安

悪玉コレステロールが低下するためには、

◎ミネソタ大学の研究では、
・大麦βグルカン 1日3gの摂取
※3割麦ごはんを4杯分相当

慈恵大学病院の病院食「大麦」

白米に大麦を混ぜているのだそうです。
<配合割合>お米7割:大麦3割

■糖尿病改善のために入院している患者さん
◎3週間、毎食「大麦」を食べたところ
体重が11k減・ウエスト-12cm

スーパーでよく見かける「押麦」って「大麦」なの?

■押麦とは? 
5月下旬~6月にかけて収穫される大麦。
・六条大麦(食用や麦茶に)・二条大麦(ビールや焼酎に)

<大麦の出荷行程>
◎収穫したら加工工場へ運ばれます
◎表面の殻をむきます。
稲より固いので、時間をかけて実を磨き、90度の蒸気で蒸し上げます。そしてローラーで1mmまで押しつぶされます

大麦の給水性がアップし、ふっくらと炊けるのだそうです。
押麦と大麦は、同じなのですね。

※ビールはろ過されるので効果は期待できない!

慈恵大学病院 栄養部の皆さんの健康チェック

普段から、食事に大麦を取り入れてているというスタッフの皆さんの悪玉コレステロール値をチェック!

※BMI 25以上で肥満

■50歳男性 管理栄養士
検食の他に、毎日、家でもコンビニでも大麦入りご飯を食べている。お酒を週に4回飲んでいるのが心配。

<結果>
・171cm 65k
・BMI値 22.2
・悪玉コレステロール値 85

■40歳女性 管理栄養士
大麦は、健康のためというより、美味しいから食べている。運動不足、過度の飲酒が心配

<結果>
・153cm 46k
・BMI 19.7
・悪玉コレステロール値 73

■44歳男性 栄養部
レシピ本のレシピを考案しているという。現在は、大麦スイーツを試食する毎日。大麦ごはんが多いが食べ過ぎと運動不足で肥満の一歩手前でちょっと心配。

<結果>
・168cm 68k
・BMI 24.1(肥満一歩手前!)
・悪玉コレステロール値 109

■その他のスタッフの皆さん
8名全員がボーダーラインを下回っていました。

慈恵大学病院の美味しい「大麦レシピ」

必要な大麦の量は「3割麦ごはんを4杯」食べなくてはいけませんが、少し多いですよね。

大麦レシピを紹介してくれました

■大麦カレー(大麦を入れる)
■大麦ミートソース(ひき肉を減らし、大麦を入れる)
■大麦のひじき和え 
■大麦チヂミ
■大麦揚げ餃子

■大麦入りネバネバ小鉢

大麦ごはん1/2杯分の大麦を摂取できます。
ネバネバ食材と大麦で相乗効果!

<材料 2人前>
・すりおろした長芋 60g
・ゆでた大麦 60g
・めかぶ 1パック
・納豆 20g
・ゆでたオクラ 60g

<作り方>
1.すりおろした山芋に、ゆでておいた大麦を加えて混ぜます。
2.納豆、めかぶ、ゆでたオクラをのせ、うずらの卵をのせて

■大麦の豆乳スープ

大麦ごはん1杯分の大麦を摂取できます。

<材料>
・にんじん 20g
・チンゲンサイ 100g
・ゆでた大麦 60g
・大豆の水煮 50g
・鶏がらスープの素 顆粒5g
・豆乳 150cc
・水溶き片栗粉

<作り方>
1.水を沸騰させた鍋に、カットしたにんじんとチンゲンサイの軸を煮ます。

2.柔らかくなったら、茹でておいた大麦、大豆の水煮、鶏がらスープの素を加えます

3.豆乳をいれひと煮立ちさせ、残りのチンゲンサイを加え塩コショウで味を整え、水溶き片栗粉でとろみをつけて完成

■混ぜるだけで簡単!


  


スポンサードサーチ

スポンサードサーチ

Relevant Article

アキュライフ使い方
痛くない刺さない針治療「アキュライフ」肩こり腰痛・シワたるみ・ほうれい線が気になる方の美容と健康に

ツボ関連記事 渡辺式 高血圧の簡単改善法3「グレープジュース・手のツボ他」 バイ …

no image
【ウォーキング新常識】1日1万歩は多い!? 病気別 おすすめ歩数と歩き方

モーニングショー2016年2月24日 ウォーキングの最新研究で、1日8000歩が …

更年期で背中に痛み、腕に痛み、顎に痛みを抱える女性
ドクターG「背中・肩の痛み」更年期障害が引き起こす「微小血管性狭心症」

ドクターG「背中が痛む」 2016年4月27日 関連記事 ガッテン 治らない「か …

no image
この差 使い捨てカイロをどこに貼れば、一番体全体が温まるのか?

この差って何ですか?2016年2月14日 使い捨てカイロをどこに貼れば体全体が温 …

no image
サタデープラス:美木良介ロングブレス!ダイエット&腰痛肩こり改善

サタデープラス2015年7月25日【丸山隆平(関ジャニ∞)★美木良介さん 腰痛肩 …

kayumi
世界一受けたい 7万の医師の回答・よく食べる物?病院の見分け方?
no image
TOKIOカケル:松下奈緒占い!風水・筆跡鑑定・タロット占いでは?

TOKIOカケル2015-05-06松下奈緒さん 目 次 今すぐ使える開運学 松 …

帯状疱疹 症状
ためしてガッテン:3日以内がカギ「帯状疱疹」超・早期発見方法

ガッテン2015年7月8日「3人に1人が激痛・帯状疱疹!超早期発見方法 関連記事 …

no image
林初耳学:科学的に美味しいのはどっち?うどん・おにぎり・えび天?

目 次 初耳:半身浴には意味がない!痩せない!?科学で判定!どちらの食材が相性が …

maca_pautix5_top
スッキリ 体に良い油「マカダミアナッツオイル」健康と美肌に効果

スッキリ!!2016年1月13日 体に良い油が話題ですね。 今年になって売上が2 …

CATEGORY

100均グッズ
アンチエイジング
お取り寄せ
お金・節約・収入
がん
コスメ
シンガポール
スポーツ
ダイエット
つくれぽ
バリ島
ピックアップ
ファッション
メイク
ライフスタイル
人気のフード・レシピ
人気雑貨・グッズ
健康・美容
台湾観光
大腸・小腸・胃
恋愛
掃除・片付け
教育・子育て
日本の島
睡眠
肩こり・腰痛・膝痛
腸内環境
血管・脳
観光・グルメ
韓国ソウル
香港
鼻・耳・喉