パステル

パステル

林修 「チアシード・マヌカハニー・アサイー」医学的メリット&デメリット

アンチエイジング, 健康・美容  : PASTEL

 

Sponsored Search

・・・・

林修の今でしょ!講座 2016年4月19日 話題のスーパーフード「チアシード・マヌカハニー・アサイー」医学的メリット・デメリット・NGな食べ方・おすすめの食べ方

カラダクリニック 関由佳先生が紹介してくれました。

どんな食材でも良い面や悪い面があるといいます。
健康に良いと言って、たくさん摂り過ぎては害になる!んだそうです。

ちなみに、林先生は、1日に4杯の青汁を飲んでいるのだそうです。
1.ケール 2.大麦 3.明日葉 4.明日葉

主治医:胃の粘膜を強くし免疫力アップの食材「明日葉」明日葉ムース⇛

ファンケル 100%明日葉 本搾り青汁ベーシック 10日分セット

チアシード

チアシード

海外セレブ、ミランダ・カーのイメージがとっても強いですよね^^
チアという植物の種子。中南米で古くから食べられているのだそうです。

お腹の中で膨れるからダイエットに良いと言われてたチアシードでしたが、低カロリー食品ではないようです!

医学的なメリット

チアシードは、動脈硬化予防になる「オメガ3系脂肪酸」が豊富。

オメガ3系脂肪酸に含まれる油(αリノレン酸)は、カラダの中で魚と同じ油に変わるという働きがあります。
体内でEPA・DHAに変化し、血管内の炎症や傷を抑えてくれる。

魚を食べる機会がすくなってきた現代人にはとってもよいですね。

デメリット

食べ過ぎるとカロリーのとりすぎになります。
「100gでご飯2杯分のカロリー」

<適量>
オメガ3系脂肪酸 摂取基準(厚生労働省)
1日大さじ1程度(チアシード10g)

医学的にNGな食べ方

スープに入れて食べるなど、熱いのもにαリノレン酸は弱いのです。
せっかくの栄養を損なってしまいます。

・ジュースにまぜて
・ヨーグルトに混ぜて
・サラダにかけて・・・など

医学的に正しい食べ方

すりつぶしてドレッシングに入れます。
種なので、すりつぶすことで、種の栄養分が摂取しやすいのです。

<チアシードドレッシング>作り方
・ドレッシング 大さじ1
・すったチアシード 大さじ1

茹でたほうれん草や温野菜にかけて食べるのがおすすめです。



マヌカハニー

マヌカハニー

ニュージーランドやオーストラリアに生息するマヌカという植物の花の蜜が原料の蜂蜜です。

のどに良いとブームになりましたよね。
また、ジョコビッチ選手などアスリートも毎朝食べていると話題にもなりました。

医学的なメリット

はちみつには、抗菌作用があると言われていますが、マヌカハニーには、他の蜂蜜よりもずばぬけて抗菌成分(メチルグリオキサール)があるのだそうです。

メチルグリオキサールというのは、コーヒーなどにも含まれているのだそうです。
仙台医療センターでは、マヌカハニーを手術後の化膿止めとして使用していることもあるそうです。

医学的なデメリット

砂糖より糖分が少なめですが、摂り過ぎると血糖値の上昇につながります。
高血圧や血管疾患を引き起こす要因にもなってしまうのです。

<目安>1日ティースプーン2~3杯



医学的にNGな食べ方

「食後の飲み物に入れる」
満腹な状態でマヌカハニーを食べると、胃の粘膜まで届かず、抗菌作用が弱まってしまうのだそうです。

■おすすめ
「空腹時に直接なめる」

まだまだ研究段階だそうです

アサイー

アサイー

赤道直下のアマゾン川の流域で育つヤシ科の植物。
アサイーボールがブームになりましたね。
紫外線に強い地域に育つアサイーは、色々な栄養素を蓄えているのだそうです。

医学的メリット

■抗酸化作用が強い。

カラダに吸い込む酸素は、紫外線やストレスを受けることで、体内で活性酸素に変わります。

活性酸素が増えすぎると、細胞を傷つけ、老化、炎症を引き起こす要因になってしまいます。
それを防ぐ働きをしてくれるのは、活性酸素を除去してくれる「抗酸化物質」。

■鉄分が豊富
鉄分は、女性には大事な成分です。
お肌を作るコラーゲンは、鉄分を軸とし、タンパク質とビタミンCが合わさってはじめてコラーゲンが作られるのだそうです。

アサイーには、ポリフェノールが含まれ、鉄分の吸収をよくしてくれます。

医学的デメリット

鉄分が豊富なため、肝機能が低下している人が食べると、肝機能障害を起こしやすい。病気を抱える方は、病院でご相談されたほうが良いそうです。

医学的にNGな食べた

コーヒーと一緒に取ると、アサイーに豊富な鉄分を妨げてしまいます。
コーヒーに含まれるタンニンは、鉄と結びつくと鉄分の吸収を阻害してしまいます。
緑茶や紅茶もNGです。
アサイーを食べてから30~1時間たってからがおすすめだそうです!

医学的に正しい食べた

アサイー スムージー

いちごと甘酒のアサイースムージー

いちごに含まれるビタミンC、善玉菌を増やす甘酒、この栄養ををあわせる事で相乗効果もあるのだそうです。

朝にスムージーを取ると紫外線対策にもなるのだそうです。


スポンサードサーチ

スポンサードサーチ

Relevant Article

林修の今でしょ【 静岡県川根本町】長生きの秘訣4「お茶・黒はんぺん・漬物」他

林修今でしょ講座 2017年8月28日 長生きの町「静岡県 川根本町」血管が若い …

林修今でしょ「徳之島伊仙町」 長生きの秘訣6「硬水・長命草・塩」他

林修今でしょ講座 2017年8月28日 健康長寿の町「鹿児島県 徳之島 伊仙町」 …

no image
主治医 体に良い油「Gheeギー」発酵バターを使った家庭での作り方

主治医が見つかる診療所 2017年4月17日 体に良い油「ギー」 インドスパイス …

no image
主治医 秋津医師おすすめ 体に良い油 熱に強いオメガ3サチャインチオイル

主治医が見つかる診療所 2017年4月17日 秋津医師おすすめの体に良い油 サチ …

ガッテン コラーゲン 床ずれ75%が改善・動脈硬化・関節炎の治療にも効果

2017年3月1日ためしてガッテン・コラーゲンの効果「軟骨の再生、関節炎、血管若 …

no image
ヒルナンデス 2017流行する美容・ダイエット「GHEE・ブロススープ・ギルトフリー」

ノンストップ 2017年1月11日 今年2017流行する 美容ダイエット 人気の …

日本人妻 金子貴俊流 自家製食べるラー油の作り方・水餃子のコツ

日本人妻は見た!金子貴俊さんが台湾で水餃子!自家製ラー油作り方 金子貴俊流 旨み …

あさイチ オリーブオイル活用技♪手作り保湿クリームの作り方・電子レンジで簡単

あさイチ 2016年10月5日 小豆島オリーブオイル技 保湿クリーム作り方 小豆 …

今でしょ講座「 夏野菜の効果的な調理法」トマト・枝豆・にんにく・おくら

2016年8月23日林修の今でしょ講座 岸村先生「もったいない!夏野菜の食べ方」 …

no image
今でしょ 肥後先生紹介!電子レンジ活用術「ココが凄いランキング7」

林修の今でしょ!講座 2016年6月28日電子レンジ活用術ランキング L4YOU …

  , , , ,


世界一受けたい授業:東大式アミノ酸ダイエット!リバウンドなし

世界一受けたい授業 日本の超頭脳が集結!東大の人気先生大集合SP第2弾2015年 …

世界一受けたい授業:1975年の食事はスーパー和食!ドベネットの桶?

世界一受けたい授業【1975年の食事が最強!?】2015年4月25日 1975年 …

no image
家庭の医学:物忘れが少ない鹿児島県・オリーブオイルヨーグルト?!

たけしの健康エンターテインメント!みんなの家庭の医学2015年7月7日 病が少な …

駆け込みドクター:千葉大和漢診療科が監修!レストランメニューを紹介

ほんとは美味しい!漢方料理 駆け込みドクター!2015年6月21日(日)はじめて …

no image
喉や口の乾燥を改善!免疫力アップ唾液を出す方法「ツボ押し・昆布茶」

目 次 2015この夏最新!粘膜バリアを強化し免疫力アップ 口の中の粘膜バリ口の …

ノンストップ 簡単「酢ショウガ・酢玉ねぎ」効果UPの裏技・作り方

ノンストップ!2016年2月10日美活【酢ショウガ・酢玉ねぎ】 関連記事 早見優 …

林修今でしょ講座・春が旬!体にいい魚ランキング!ダイエットに

林修の今でしょ!講座は『春に食べると体にいい「野菜」と「魚」最強ランキング2時間 …

上山医師が紹介「脳の衰えをセルフチェック・閉眼片足立ちテスト」

主治医が見つかる診療所2016年5月23日 最新「大人の脳育法」血流アップ! 「 …

魔法!10秒で改善・腰痛&肩こり「ジャックナイフ・さとう式リンパケア」

奥さま1万人総選挙 2015年7月24日 腰痛 関連記事 ガッテン流 膝痛が消え …

no image
主治医 体に良い油「Gheeギー」発酵バターを使った家庭での作り方

主治医が見つかる診療所 2017年4月17日 体に良い油「ギー」 インドスパイス …

CATEGORY

100均グッズ
アンチエイジング
お取り寄せ
お金・節約・収入
がん
コスメ
シンガポール
スポーツ
ダイエット
つくれぽ
バリ島
ピックアップ
ファッション
メイク
ライフスタイル
人気のフード・レシピ
人気雑貨・グッズ
健康・美容
台湾観光
大腸・小腸・胃
恋愛
掃除・片付け
教育・子育て
日本の島
気になるもの
睡眠
肩こり・腰痛・膝痛
腸内環境
血管・脳
観光・グルメ
韓国ソウル
香港
鼻・耳・喉