パステル

パステル

主治医が見つかる診療所:名医がやってる尿失禁・前立腺肥大の予防法

健康・美容  : PASTEL

 

Sponsored Search

・・・・

尿トラブルの予防法・チェックしてみましょう

主治医が見つかる診療所【尿トラブルを予防して健康寿命を延ばす】2015年4月27日/p>

およそ7割の人に尿トラブルの悩みがあるそうです
・笑うともれちゃう
・散歩のとき
・残尿管
・水を触っているとき
・咳き込んだときに回数だけでちゃう
・血尿
 
・恥ずかしい・・・
・年だとあきらめている
 
・若くても油断できない
・夜間頻尿がある人は、死亡率が2倍に

尿トラブルをおこすかも??骨盤底筋チェック

合計5点以上の方は、今起こしている又は将来可能性があります
<1点> 
1.デスクワークが多い
2.猫背である
3.運動不足
 
<2点>
4.便秘気味
 
<3点>
5.おしっこをした後パンツがぬれる事がある
6.おしっこが長く切れがわるい
7.いきんでおしっこをしている
 
東国原9点 井森2点 朝丘5点でした。
 
尿道が狭くなっていたり、異常が起きている可能性も
 
男女合わせて8人に1人は悩んでいるといわれている
1.頻尿
2.尿失禁

どのような症状が起きるの?経験談

27歳で発症の女性(現在58歳)

子供を2人目を出産し失禁するようになった
・運動なども控えるようになる。
・日常には障害は無かった
・病院もいかなかった
 
20年後48歳のとき「せき」などの刺激でも症状が悪化。
・風邪のときにはひどかった。
・自分の意思では止められないので辛かった。
 
急に立ち上がったときや重いものを持ち上げたときに症状がでていた。
 

■放置すると

自分でも漏れに気がつかなくなる危険もある
いつ漏れるか心配で引きこもりになり、「うつや歩行困難にも

■きっかけは何だったのか?


奥井医師:2度目の出産だと思われる。
骨盤低筋が緩み
尿道の位置が下がってしまい、尿トラブルに。
 
手術で回復した。

発症年齢77歳女性(現在82歳)

洗いものをしていると違和感を覚える
水を見たり、冷たさを感じる
水仕事で尿意をもよおす。

40歳の出産で
骨盤低筋の緩み
膀胱が支えられなくなる
急な尿意を感じるように
膀胱の位置を矯正する手術で回復
 
膀胱や腸などを支えるインナーマッスル。
大きな赤ちゃんの頭が引っかかり、傷がつく。
 
一度損傷すると治らないが強くすることはできる。
加齢と閉経で出てくることがある

発症年齢60歳男性(現在64歳)男性に起こりやすい 血尿

■症状
ある日突然、尿意が頻繁に。30分に1度も。
尿意が治まらず、出も悪くなった。
尿の変りに膿と血がでるようになった
 
■前立腺肥大症
おしっこを
60代で60%
加齢によって肥大。これが進むと尿道が圧迫。
進行しても気がつきにくい病気。
前立腺炎を起こしていた。数年かかるといわれた
 
性ホルモンの分泌が少なくなると
夜間頻尿は骨折や心疾患など死亡率が2倍に
 
■治療
投薬治療に加えて、ランニングを行い、通常は10年かかるが
3年でほぼ治った。
運動で血行を改善、性ホルモンの分泌も増やせる。
ゆっくりの方が、効果はある。
 
漢方では八味地黄がん。
尿トラブル、前立腺肥大、腰痛などに効果があるとされています。

関口医師:タオル1本で骨盤低筋を鍛える 

ハンドタオルを4つ折に。
ロールにして椅子の上に。
その上に座る
足を肩幅に開く
息を吐きながら尿道をしめる
 
全身を緩める
 
これを10回。夜やるだけでも効果はある

奥井医師流:テストステロンを増やす方法

男性ホルモンの一種で筋肉や骨格、ひげなどの成長を促す。
実は女性にも分泌されている。
加齢によって分泌量が低下。

食事!まずは肉!

一緒に食物繊維や乳酸菌も一緒に摂取。
ツナやサバなどのカンズメの煮汁や油はおすすめ

おやつは「ナッツ」

性ホルモンを増やしたい人にはおすすめ
亜鉛・ビタミンE・必須脂肪酸
20粒=1日に必要な量

1日15分の日光浴

自転車で往診に行っているそうです。
日差しでビタミンDが作られ、テストステロンを分泌しやすくなる
 
股間を刺激しない、サドルが売られている。

真っ赤な服は、性ホルモンが出やすくなる

赤いものを好む人のほうが、多く分泌されているという結果が出ている

社会とのかかわりを持つ。

家にずっといても性ホルモンがでないので、外でみんなでいるほうがでやすい。
社会的ホルモンともいわれている
 
いつまでも異性にときめいているといいそうです。

  


スポンサードサーチ

チョコラBBでおなじみのエーザイ

Relevant Article

no image
コレ考えた人 冷え性対策!最強「ハニージンジャーレモンティー」

コレ考えた人、天才!?2015年11月27日 冷えとり・冷え性対策に!「ハニージ …

ninchi2
主治医が見つかる:名医もやってる!認知症予防「ココナッツオイル」

主治医が見つかる診療所【認知症完全予防スペシャル】2015-3-16 放送 美味 …

no image
駆け込み 間違っていた健康の常識ランキン20・ ひじきの鉄分が減った理由

駆け込みドクター!SP 2016年2月7日 間違っていた健康の常識をランキングで …

no image
普段やりがちなNG生活習慣4「首を揉む・きついベルト・寝る前歯磨き」

バイキング 2016年1月25日 大竹真一郎先生と森田豊先生が紹介。 普段何気な …

no image
免疫力アップ・肌あれ改善・アルツハイマー・がん予防に効果 LPSとは?

世界一受けたい授業 2016年2月20日 関連記事 世界一受けたい 竹内涼真のリ …

ガッテンCRTの正常値
ガッテン CRP基準値でも肥満は「慢性炎症」の可能性あり?!

ガッテン 2017年5月10日 健康長寿 ダイエット・長寿関係 食べなかった事に …

Image08011827_01
脳硬塞予防にレシピ!天野っち流ゴーヤチャンプル・サバつくね詰め

脳硬塞になりにくい県「沖縄」 死亡率が少ない沖縄県の食生活を注目し、紹介してくれ …

no image
世界一受けたい授業 コレステロールは1種類!危険な人・予防と食品は?

世界一受けたい授業2/28放送 コレステロールは、1種類。「善玉」と「悪玉」その …

img61736941 (1)
綺麗にダイエット3大栄養「DHEA」とスーパーフード「ヘンプシード」

バイキング2015年12月3日・リバウンドなしキレイに痩せる3つの鍵!若返りホル …

ダウンロード (3)
ノンストップ:美容と健康に「菌活」おすすめ菌活キッドも紹介

ノンストップ! 2015年7月15日【菌活健康術】 健康と美容に「菌活」 話題の …