パステル

パステル

ためしてガッテン!チョコの力は凄い!血圧抑制効果も!

ピックアップ, 健康・美容, 血管・脳  : PASTEL

 

Sponsored Search

・・・・

ためしてガッテンでも以前紹介された、恐るべきチョコレートパワー♪

認知症予防・高血圧改善に「チョコレート・カカオ72%」効果:駆け込み

チョコレート効果

ダイエットでは、おなじみになっているチョコレートですが、
最近研究が進められてきたチョコレートの健康や医療の話についてためしてガッテンよりご紹介しようと思います。

世界一の長生き122歳のかたは、週に1Kものチョコレートを食べるそうです。

救命救急の埼玉医科大学 間藤医師が経験した、驚くべき事実

15年ほど前に、病院食が苦手な患者にチョコを許可したところ、驚くことに通常以上のスピードで傷口がふさがったといいます。
通常1週間かかるところ4日!

それ以来、病院では、傷が治りの悪い時に飲んだり食べたりしてもらっているそうです。

粉末チョコをといて液体にし栄養剤と一緒に投与するのだそうです。
また、医師もチョコレートを良く食べるよいいます。

びっくりな情報ですが、実は全国20の病院で患者の栄養補給にはチョコが使われているそうです。

チョコレートの健康効果を研究中

沢山の効果が期待

・肥満抑制・虫歯予防・歯周病予防・がん予防・認知症予防・抗うつ・コレステロール抑制・血圧低下・ピロリ菌除・抗インフルエンザ・傷が治る・整腸作用。

そして、・血圧効果・傷が治る・整腸作用に関しては別格で実際ヒトでの効果が広く認められていて
EUの食品安全機関が「血圧抑制効果」を発表しているのだとか。

なぜこんなに注目され、効果があるとされているのか?

実は、あまり知られてないのですが、チョコレートは、発酵食品!だったのです。今注目の「発酵食品」です!

発酵といえば、チーズヨーグルトなど・・・が思い浮かびますが・・・・

生カカオを、発酵させて作るのだそうです。
そして、生のカカオの種には、沢山のたんぱく質や糖、ポリフェノールが含まれているのですが、この発酵を進めるための微生物は、成分を分解してくれ、そして1000種類の香りの元を生み出してくれ、その微生物は、ポリフェノールにも働きかけ、高分子ポリフェノールを作り出します。
これに、抗酸化作用があり、傷の治りを早くしてくれ、血管にもよいとされる作用が確かめられているのです。

ホワイトチョコは、脂肪分だけを固めただけのもの。茶色いほうが高分子ポリフェノールとしての効果が期待できるそうですよ

「チョコ=にきび」「チョコ=鼻血」アメリカの研究機関では無関係と結論。

思い切って食べることが出来そうでちょっと嬉しいですよね♪

  


スポンサードサーチ

遺伝子検査でわかる病気のリスク

Relevant Article

no image
家庭の医学 奇跡の回復!腰痛を改善したのは「脳」との関係だった!

たけしの健康みんなの家庭の医学2016年8月16日 奇跡の回復法「腰痛」 関連記 …

ディーゼルのバレンタイン
男性に人気ブランド「DIESEL」ディーゼルのバレンタインが素敵

ディーゼルがバレンタイン用に販売する「チョコ×アンダー」のセットがお洒落だったの …

Image05022048_01
世界一受けたい授業:痩せ型でも危険!血管年齢を若くする果物とは?
no image
バイキング:奇跡の47歳!中島史恵の美容法公開「水素水・入浴剤」等

バイキング2015年12月18日 47歳中島史恵、美の秘訣&自宅公開 …

risa
メレンゲの気持ち:美の秘訣「平子理沙」愛用の入浴剤と健康ドリンク

メレンゲの気持ち2015年4月18日(土)平子理沙(秘)簡単若返り美容法…毎日飲 …

512FJVBM8GL._SY376_BO1,204,203,200_
主治医が見つかる:脳血管認知症の前兆と症状とは?予防法に塗り絵

主治医が見つかる診療所2015年7月27日認知症徹底予防SP第3弾 血流をアップ …

no image
大渕愛子弁護士「子宮頸部高度異形成」放置すると子宮頸がんに。

ノンストップ!2015年12月22日 弁護士大渕愛子さん(38)が「子宮頸部高度 …

no image
かき氷のキーン「アイスクリーム頭痛」解決予防策とは?健康カプセル

健康カプセル 元気の時間(2015年7月26日) かき氷のキーン「アイスクリーム …

5cac5f24607ad65f9a24a905906eaa33_s.jpg
ズボラな人向け「老化防止」!気になるアンチエイジングの基本

美肌を保つために必要なことは、外からではなく、内側からキレイになることが一番重要 …

引用:http://www.ncc.go.jp/jp/information/press_release_20160120.html
直撃LIVE グッディ がんの10年生存率が発表。部位で大きく変わる生存率

直撃LIVE グッディ!2016年1月20日、国立がん研究センターががんの10年生存率が発表しました。胃がんや大腸がんは、ほとんどの差がないのに対し、乳がんと肝臓がんは、5年と10年では大きく差がてており、再発リスクが高いことがわかります。