パステル

パステル

世界一受けたい授業:1975年の食事はスーパー和食!ドベネットの桶?

健康・美容  : PASTEL

 

Sponsored Search

・・・・

世界一受けたい授業【1975年の食事が最強!?】2015年4月25日 1975年型の食事メニューは健康にイイ!?コレステロールが気になる○○を現在より食べていた!当時、塩分を控えるために盛んに使われていた物とは?

1975年の「スーパー和食」を都築先生が教えてくれました

1975年の食事のほうが癌を抑える効果も期待できることがわかった。

年代別に食事を比較

・1960年:おかずが少なく塩分量が高い
・1975年:和食や洋食と食の多様化が進んだ。
・2000年:欧米化が進み、肉が増え脂質も多くなった

1975年はスーパー和食「大豆」を多く食べていた。また「卵」などの良質なたんぱく質も。
現在は、肉からたんぱく質を摂取することが多い。
塩分を控えるために「だし」が使われていた。味をしっかり感じることができる

卵は、毎日、1個から2個。
少し前までは、卵を食べると血液がどろどろになるといわれていたが、最近は間違えとわかってきた。

味噌汁は、1日2杯飲むと良い。
味噌汁は、3杯程度では高血圧にはならないであろうといわれている。
味噌の発酵食品は、何千もの成分が含まれ栄養価も非常に高く、癌や脳卒中、美肌効果にも。

1人暮らしの人の食事対策

外食がだめではない。コンビニのおにぎり2個食べていたら、1個はサンドイッチにすると食材が増える。
牛丼の大盛りをやめてサラダや納豆、生卵などサイドメニューをプラスするなど工夫があると良い。

「ドベネットの桶」というものでたとえらています。
これは、栄養素を平均的に摂取しなくては、この桶から水がこぼれてしまう。
すると栄養効果が下がってしまうというたとえ。

190

まとめ:ダイエット効果や成人病予防にもなるスーパー和食

1.沢山の食材

2.大豆と卵を積極的に

3.みそ・醤油など発酵調味料を

4.だしを使って塩分控えめに

  


スポンサードサーチ

スポンサードサーチ

Relevant Article

no image
ノンストップ 知っておくと便利なミニ保険「葬儀保険・お天気保険・不妊治療保険」

ノンストップ 2016年10月4日 ミニ保険 少額で保証期間が短いのが特徴です。 …

no image
大人の塗り絵が大ブーム!認知症の予防にもおすすめ!

大人の塗り絵が認知症予防になる!   大人の塗り絵が密かにブームなのを …

Image04081434_01
バイキング:森泉流セレブ愛用スーパーフード「ザクロの種」レシピ

バイキング2015年4月8日▽森泉オススメ!海外セレブが愛用するスーパーフードと …

20150326_01
日本海側に多い「胃がん」地域別「癌罹患数」発表

国立がん研究センター発表による、がんの発生数が発表されました。 データーによると …

no image
主治医 秋津医師おすすめ 体に良い油 熱に強いオメガ3サチャインチオイル

主治医が見つかる診療所 2017年4月17日 秋津医師おすすめの体に良い油 サチ …

201412271426436770
ココナッツオイルのケトン体ダイエット世界ふしぎ発見

目 次 ココナッツオイルのダイエット双子で実験検証:ケトン体質ダイエットダイエッ …

no image
姿月ありさ・島谷ひとみ 喉ケア法を紹介!のど飴マヌカハニープロポリス

目 次 喉・口の中のトラブル、不調などが紹介されました元宝塚 姿月ありささん「急 …

no image
驚くほど簡単!すぐできる「冷え性と冷え取り」改善と対策!

目 次 anan真木よう子さん表紙で「冷え取」が特集されていましたね1.靴下重履 …

e81e39301e0c48cab58aca1c38151bc8_s
家庭の医学 簡単に免疫力を上げる2つの方法「ごろ寝で腹式呼吸&入浴」

たけしの健康 みんなの家庭の医学2016年2月16日 冬の免疫力アップ法SP 目 …

0002
駆け込みドクター!身体のゆがみ解消SP「ひざ痛」チェック3/1

駆け込みドクター!関節の新常識 今日からできる身体のゆがみ解消SP2015年3月 …

CATEGORY

100均グッズ
アンチエイジング
お取り寄せ
お金・節約・収入
がん
コスメ
シンガポール
スポーツ
ダイエット
つくれぽ
バリ島
ピックアップ
ファッション
メイク
ライフスタイル
人気のフード・レシピ
人気雑貨・グッズ
健康・美容
台湾観光
大腸・小腸・胃
恋愛
掃除・片付け
教育・子育て
日本の島
睡眠
肩こり・腰痛・膝痛
腸内環境
血管・脳
観光・グルメ
韓国ソウル
香港
鼻・耳・喉