パステル

パステル

その原因X 夜中トイレに起きる原因「あったかお鍋」?ごろ寝足上げで改善

健康・美容  : PASTEL

 

Sponsored Search

・・・・

その原因Xにあり2017年1月20日 夜中トイレに起きる 原因「ごろ寝足上げ」で改善

夜中のトイレ(夜間頻尿)を改善!ごろ寝

夜間頻尿とは

夜間頻尿は夜中に1回でも目が覚めてしまう事を言います。
夜中にトイレで目が覚める人は、882万人と言われ国民病と言っても過言ではありません。

夜中トイレに起きる 原因

冷えや加齢による膀胱の筋力の低下と言われていますが・・・
他にも原因があるといいます。

国立長寿医療研究センター 吉田正貴先生

冬のあったかメニューに原因があるといいます。

冬の温かい食べ物には、塩気が感じにくく、味付けも濃くなることが多い。
つまり、熱いほど塩気は感じにくいのです。

成人の1日の塩分量目安

・男性8gまで ・女性7gまで

塩分量

・寄せ鍋:約5.5g
・鍋焼うどんに:約5.2g
・醤油ラーメン:約11.9g

寒いからとあったかメニューばかり食べていると・・・!

塩分を摂りすぎるとなぜ頻尿を起こしてしまうの?
体内の塩分量は決まっています。
余分な塩分は、老廃物と一緒に排出しようとします。これが汗や尿です。

ところが、寒い冬は汗をかきにくいので、尿で排出する量が増加します。
日中の尿だけでは塩分を排出できず、寝てる夜中にもトイレに行きたくなってしまうのだそうです。

夜間頻尿を改善する「ごろ寝足上げ」

夜中トイレに起きる 原因

1.ふくらはぎの下にクッショなどをおき、足を心臓より高くあげます
2.このまま20分寝るだけ。

体の中の水分は、日中には足の方に溜まっているのです。
溜まった水分を戻し、おしっこを作るように促します。

寝るまでに、体の外へおしっことして出してあげる事が重要です。

通常、体内の水分が尿になるには4時間かかるといわれています。
なので、寝る4時間前までに行う事!

夕食をその後に食べてもOKです。

「ごろ寝足上げ」検証

・49歳女性 夜間頻尿で8年悩む方
足上げを行って1日目から4回から2回へ。
5日目には、0回になりました。

・53歳男性 夜間頻尿で5年悩む方
足上げを行って1日目から4回から2回へ。
6日目には、0回になりました。

熟睡でき、1日爽やかに過ごすことが出来るようになったといいます。

  


スポンサードサーチ

チョコラBBでおなじみのエーザイ

Relevant Article

まだら物忘れ
新型認知症「うつ病性仮性認知症」症状 チェック法・川柳と散歩で改善

2015年9月1日 たけしの家庭の医学・新型認知症「うつ病性仮性認知症」 朝田隆 …

56850e69dad869b86cbe67f257d17d95_s
ためしてガッテン!グレープフルーツ裏技!見分け方・甘くなる方法

ためしてガッテン「グレープフルーツ天国 世界の神ワザ8連発!」 2015年4月8 …

no image
その原因X 隠れ貧血で物忘れの症状?!対策に「アサリのクラムチャウダー&枝豆」レシピ

その原因X2017年2月3日 40代からの物忘れは「隠れ貧血」 鉄分 ためしてガ …

サタデープラスで紹介されたレモン酢生活松崎さんと大場さんも挑戦!レモン酢の作り方
1日大さじ5杯 レモン酢生活 肌&血管若返り-17歳!大場久美子&松崎しげる

サタデープラス2016年9月17日血管年齢ー17歳!? 松崎しげる・大場久美子 …

kale-438964_640
バイキング 話題のケール!栄養素と健康効果人気の専門店や食べ方

バイキング2015年12月17日 ケール 海外セルブもこぞって食べている話題のケ …

耳に輪ゴム!耳元の血流を止めてから開放することで肩こりが和らぐ!
林修初耳学 耳に輪ゴムをかけるだけで小顔効果&肩こり解消効果も!

林先生が驚く初耳学2016年10月9日耳に輪ゴムをつけると小顔効果・肩こり解消に …

美肌キープ
10年キープ!今からできる美肌習慣「シワ・シミ」を作らない!

10年後も美肌でいるための悪い習慣と対策法 悪い習慣を今すぐやめてください!そし …

臭う?体臭や口臭でわかるがん
名医が教える危険な体臭・口臭!においで解るガン!チェック法とは?

健康カプセル 元気の時間 2015年6月14日 関連記事 アッコ 口臭予防対策! …

no image
バイキング:最新若返りをデヴィ夫人が体験「極寒カプセル・千屋牛」

バイキング 2015年12月16日 最新アンチエイジング 若返り体験デヴィ夫人 …

no image
家庭の医学:危険な「胸焼け」の症例・症状を紹介「全身性強皮症」

たけしの健康2015年12月15日みんなの家庭の医学 セカンドオピニオンSP 危 …