パステル

パステル

ドクターG 長引く原因不明の腰痛は「パーキンソン病」が原因だった

健康・美容, 肩こり・腰痛・膝痛  : PASTEL

 

Sponsored Search

・・・・

ドクターG 腰痛が悪化していく「パーキンソン病」 2016年10月13日

痛みが強くなる腰痛の原因は「パーキンソン病」だった

今回のドクターは、千葉大学医学部 生坂政臣先生

腰の痛みがどんどん強くなっていく女性の症例をもとに紹介。
腰痛の原因となる病気は「パーキンソン病」と診断されました。

先生は、女性が診察室に入ってくるところから行動を観察し、ある程度「パーキンソン病」ではないかと予測。
入室時に注目していたポイントは、「腰が曲がっていた」「手が震えていた」という点のようです。

問診では、骨、筋肉、内臓、関節、脳などの病気も想定しながら問診を行っていました。

パーキンソン病とは?

ドーパミンが減少する病気。
ドーパミンを分泌する脳の黒質という組織が壊れることが原因。
背中の筋肉のコントロールが出来ず、本人は、まっすぐ立っているつもりでも、腰が曲がっている。

パーキンソン病 主な症状

・姿勢保持障害
・手足の震え
・筋肉のこわばりや痛み
・レム睡眠行動障害
・嗅覚症状 発症の5~10年前に出る症状
・安静時振戦(意識していないと手などが震える)

 体の片側から症状が現れるのが特徴。

自律神経の障害によって、顔に湿疹が出ることがあります。

パーキンソン病で腰痛が酷くなった原因とは?

ドーパミンは、動きに関係するホルモンや、意欲、興奮、快楽など痛みにも関係します。

ドーパミンが減少すると痛みを強く感じるようになります。

安静時振戦

安静時振戦の症状は、パーキンソン病の殆どの患者さんに見られる症状
安静時に手が震えます。

意識している時には震えません。
一番わかり易いのは、歩いている時。
足に集中するので、手が震えます。

歩行時に確認するのがわかりやすい方法です。

パーキンソン病と診断に至ったまでの経緯

71歳女性の腰痛の訴え・症状
166cm 50k

近所の整形外科で「年齢のせい」といわれ痛み止めをもらっていたがどんどん酷くなっていくという訴え

問診

・腰の痛み3年くらい前から
・重い痛みでどんどん痛くなてきた
・立ったり、動くともっと痛くなる
・痛くなったきっかけはわからない。
・寝ていると楽になる
・朝と夜でも痛みは変わらない
・肩、手足も辛い。
・家事ができなくなってきた
・2年前から左肩、左脚が痛く、洗濯が大変。
・最近は階段の登りも大変。
・7~8年前から味や匂いを感じないことがあった。(鍋を焦がした)

違う病院での診断では

3年前

2箇所の圧迫骨折と骨粗しょう症
・2箇所の圧迫骨折が見つかったが、本人はぶつけた覚えがない
・骨粗しょう症があると診断

骨粗しょう症による圧迫骨折では、2/3の患者さんが痛みを訴えないそうです。

<対策として>
・できるだけ歩くようにと言われたので、天気が悪くても毎日20分歩いた。
薬は、ちゃんと飲んでいた。

2年前 違う病院へ

2箇所の圧迫骨折と骨粗しょう症と同じ診断。
痛み止めをかえて様子を見ると言われた。
薬は最初はよく効いたが、あまり効かなくなったが、ちゃんと飲んでいた。

生活についての変化は?

趣味

・絵手紙が趣味。8年前からスケッチで出歩いていたが、最近は痛くて殆んどやらなくなった。

既往症

・大きな病気はしたことがない。

食事

・体重、食欲は変わらない。

睡眠

・2ヶ月前から、夜中に目がさめる。
・怖い夢で大きく手足を動かしうなされたりする
・しばらく天井を見ているとまた眠れる
・寝付きは良い方

研修医の皆さんが疑った病気

まず、骨、筋肉、内臓に関する病気を疑います。
次に、関節、脳に関する病気を疑いました。

多発性骨髄腫

がんの一種で、骨髄の中でがん細胞に変化し骨をとかす。
痛みと、骨粗しょう症の原因となる。
脊椎や肋骨に発症することが多く、食欲不振、体重減少の症状が出る。

高齢者が多く、腰痛を主訴に来ることがあるので、原因不明の場合は、疑うべき病気。

あてはまらない点

・食欲、体重が変わっていない
・多発性骨髄腫が原因だとするなら、圧迫骨折が増えているはず。しかし圧迫骨折は2箇所だけで増えてはいなかった。痛みだけが増えている。

リウマチ性多発性筋痛症

高齢者に多く、全身に痛みが出る原因不明の病気。
太い筋肉と骨を繋ぐ部分に炎症が起き、肩や首、腰回りが痛みが出る。

短期間の間に症状がでて、数日でそれ以上は悪化しなくなる。

合わない点

リウマチ性多発性筋痛症は、2週間で症状が完成し、その後は、症状は横ばいの状態になる。
この女性は、3年前から徐々に痛みが悪化。

線維筋痛症

全身に筋肉に痛みが出る原因不明の病気。

トリガーポイントと言われる痛みのある場所。
全身18箇所にあり、そこを押すと飛び上がるくらい痛い。

合わない点

圧痛点は、腰や顔にはない。

その他、骨や筋肉に痛みが出る病気が検討されました。
しかし、どれも合わない点が多かった。

内臓(腎臓)に炎症は?

骨や筋肉に病変があったら痛みは増加します。しかしこの女性は、労作時に痛みが出ていた。

もし、内臓に病気があるとしたら、じっとしても、動かしても痛みは変わらないはず。

内臓全般の病気も違うと判断されました。

関節に炎症は?

関節に炎症が起きた時の特徴

関節が腫れる ⇛ 水が貯まる ⇛ 腫れを引くような循環機能がある

腫れが引く仕組み

血液が循環すると、溜まった水分が回収され腫れが引きます。
関節を動かすと循環が活発になるため、痛みは早くおさまります。

しかし、寝ている時は関節が動かないので、朝、目が覚め、起き上がる時に一番痛みが出ます。

合わない点

この女性は、朝晩で痛みの度合いは変わりません。

関節の病気も関係ないと判断されました。

 ココまでで、骨、筋肉、内臓、関節は違うと判断

痛み以外の特徴は?女性は腰が曲がっていた。

腰が曲がる病気は?伸ばすと痛いから?

・圧迫骨折が2箇所あったので、骨格が変形しているのか?

曲がった骨は、元には戻りません。
骨粗しょう症の圧迫骨折で、骨の変形のため腰が曲がっているとすると、真っ直ぐ仰向けに寝ることは出来ません。

しかし、女性は真っ直ぐ仰向けで寝ていました。
骨格が原因で腰が曲がっていたわけではありませんでした。

脳の病気は?

左側から痛みを感じてたことや、鍋を焦がす、怖い夢を見るなどのことから脳の病気も疑います。

重症筋無力症

脳からの指令が筋肉に上手く伝わらず、全身の筋力が低下し脱力する病気。
背骨を支える筋力が低下すると、腰が曲がることがある。

他に疑われた病気

・筋ジストロフィー ・サルコペニア ・ジストニア など

疼痛性障害

強い痛みが出る症状のこと

痛み止めなどの薬が効かないので、同じ薬をのみ続ける事が少ないとされている。
なんらかの社会的、心理的要素が「治りたくない」という意識が潜在的に働くのではないかと考えられている。
つまり、効果があってほしくなかったり、副作用に注目したりし、薬を飲まない傾向がある。

しかし、この女性の場合は、しっかりと薬を飲んでいた。
なんとか治したいという思いが伝わってきていた。

大脳皮質基底核変性症

大脳基底核に異常があり、前頭葉や頭頂葉が萎縮する原因不明の病気。

・手足を自由に動かせない
・筋肉のこわばりや痛み
・姿勢保持障害
・体の片側に強く症状がでる

違う点

女性は体の左側から症状が強くでていたが、怖い夢を繰り返し見ることがあり、この点が違っていた。

レビー小体型認知症

体の中のタンパク質が変質し、形成の過程で毒性を持つと推定。
大脳皮質などに沈着すると機能障害や認知症を発症。
姿勢保持障害などパーキンソン病のような症状が現れます。

怖い夢は、レム睡眠行動異常障害では?

レム睡眠行動異常障害
夢の中で体を動かしていても、脳の青斑核が運動の指令を遮断しているので実際にカラダが動くことがありません。
しかし、レビー小体が沈着し機能障害がおきると、夢の中の行動そのままにカラダを動かしてしまいます。

レビー小体型認知症とパーキンソン病

パーキンソン病は脳にレビー小体が蓄積する病気です。
レビー小体型認知症とても似通った症状がありますが、違う点が幾つか上げられました。

 この女性の場合はどちらなのか?

女性には、認知症にある、お鍋を焦がすなどの症状がありました。
レビー小体が鼻の嗅球に沈着するため、嗅覚障害が現れます。

認知症の症状ではありますが、8年前のことだったのです。
認知症ならもっと症状が進行しているはず。

見た感想

腰痛という症状にいろいろな病名が出てきました。
筋肉や骨以外の様々な要因が考えられるようです。

痛いのが続くと、当たり前になって痛みにも慣れてきちゃったり、どうせ病院にいってもわからないし。
って思っている方も、原因不明で長引く腰痛がある方は、我慢せずに一度信頼できる先生に診ていただいた方が良いのではないでしょうか。

  


スポンサードサーチ

遺伝子検査でわかる病気のリスク

Relevant Article

頭板状筋
モーニングバード・肩こり撃退!首の傾きを科学する!予防方法!

「アカデミヨシズミ~“肩こり”の意外な原因? あなどれない“首の傾き”を科学する」首の傾きで起こる症状。頭痛。何気ない日常のNG動作で、癖がついてしまい、それを脳が記憶してしまうそうです。おすすめの予防方法2つが紹介。タオルを使ったストレッチと鏡で矯正する方法。

顔のむくみを取る方法
この差 二日酔いの翌日の「顔のむくみ」を取る方法・検証結果を紹介

関連記事 それダメ 間違うと逆効果!正しい ほうれい線のマッサージ方法を紹介! …

no image
主治医が見つかる:認知症の予防!自己チェック診断で早期発見!

主治医が見つかる診療所【認知症完全予防スペシャル】2015-3-16 放送 認知 …

no image
健康カプセル・にんにくの効能やにおいを消す効果的な食材とは?

にんにくの効果と臭いを消す効果的な食材とは 健康カプセル 元気の時間 2015年 …

no image
1週間で劇的変化!毛細血管の老化はシミ・シワシの原因!シナモン予防

健康カプセルゲンキの時間 2016年10月23日 血管若返り 大阪大学 高倉伸幸 …

筋膜リリース1
竹井式 肩こり・腰痛を劇的改善!3つの筋膜リリース体操&注意点も紹介

ノンストップ2016年4月27日 筋膜リリース 関連記事 TIPNESS式 肩こ …

190
世界一受けたい授業:1975年の食事はスーパー和食!ドベネットの桶?

世界一受けたい授業【1975年の食事が最強!?】2015年4月25日 1975年 …

高血圧
サタプラ 家庭用血圧計でわかる!心筋梗塞・動脈硬化のリスク計測法

サタデープラス 2016年4月23日 小堺さんが挑戦!心臓ドック名医が血管・心臓 …

ダウンロード (3)
ノンストップ:美容と健康に「菌活」おすすめ菌活キッドも紹介

ノンストップ! 2015年7月15日【菌活健康術】 健康と美容に「菌活」 話題の …

no image
ドクターG 吐き気が止まらない・症状から「糖尿病」が原因だった

ドクターG 2016年9月21日「吐き気が止まらない」「糖尿病性ケトアシドーシス …